育て上げブログ

2017年09月12日

夏休みワークショップ「Pepperにさわってみよう!動かしてみよう!」

8月9日に、NPO法人CANVASの皆さんと連携して 人型ロボット、ソフトバンクロボティクスPepperのプログラミングに挑戦しました!

参加してくれたのは、主にまなびタスに参加をしている中学1年生から3年生。
いつも当たり前にしている会話や身振り手振り Pepperにどんなプログラミングをしていくと自然におしゃべりできるかな? 条件分岐を使いながら、街の中の様々な場所でのPepperとの会話を作っていきます。

 

駅の案内をつくるとしたらどんな案内ができるかな?
床屋さんで楽しく会話ができるロボットの会話を考えよう!
プールの案内や泳ぎ方を教えてくれるロボットがいたらいいな…
学校にPepperがいるとしたら、献立をお知らせしてもらおう!

 

また、イベント当日はジョブトレIT(ITを中心にした短期集中の就労基礎訓練プログラム)参加メンバーもサポート役として参加しました。『人に伝える』ことの難しさや大変さも感じながら、この取り組みに参加をすることで貴重な経験する事ができました。大人もこどもも協力し合って、Pepperと一緒の未来のシチュエーションがたくさん生まれました。

 

次回は冬休みにも開催予定!
またみんなでテクノロジーとの未来を想像していきます。

 

*ソフトバンクグループ株式会社のPepper 社会貢献プログラムを活用し、Microsoft × CANVAS「YouthSpark: Programming for all」プロジェクトの一環でワークショップを実施しました。
*子供の未来応援基金の支援を受け実施しています。

ページトップへ