育て上げブログ

運営する事業所

2016年09月09日

積み重なる転職回数の壁

先月のブログにおいて、大学中退された方がたちかわサポステにはよく来られる。というお話しをしましたが、今回はよく来られる利用者さんシリーズ第二弾です。

 

複数の転職を経験している方も、たちかわサポステにはよく来られます。
前職でうまくいかなくて2社目。
短期間ですぐにやめてしまって3社目。
なんだかんだで4社目。
気がつけば5社目。

 

9%e6%9c%88%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

たちかわサポステでは履歴書や職務経歴書の添削もしますがその際に
「いやぁ。実はちょっと・・・」
と、もじもじしながら履歴書を見せてくれる利用者さんも少なくありません。
その様子から、応募にあたってこれまでの苦労が伺い知れます。

 

もちろん、どのような仕事に就けば長く働き続けることができるだろう。とサポステでは一緒に考えます。
例えば苦手意識を持ちながら接客業をやっていた方が、とりあえず経験があるから。と再び接客業で就職し、結果同じことの繰り返しになってしまい転職回数だけが積み重なってしまった。こんな話もよく聞きます。
次の応募先ではそうなる事態を少しでも防げるように、サポステでは一緒に考えます。

 

ただしおそらく、転職回数が複数ある方が気になることは面接なんだと思います。
「随分転職されているようですね」
と言われることもあるでしょう。
「最初の会社を辞めた理由はなんだったんですか?」
「では、次の会社を辞めた理由はなんですか?」
「ではその次の会社に関してはどうだったですか?」
本来面接では、この会社に入ったらこんな風に頑張りたい。こんな自分の強みが活かせると思う。そんなお話しをしたいのに、過去の経歴をネチネチと質問され続けて面接時間が終わってしまったという話をよく聞きます。
応募者にとっては、こんな苦しい時間はないと思います。

 

すぐ辞めて長続きしない人と思われるんじゃないだろうか。
短期間で辞めてしまった会社は、それでも履歴書に書いた方がいいのだろうか。
書かなきゃ書かないで、空白期間が空いてしまってどうしよう。

 

皆さん悩みは同じです。

 

先月のブログで上げた大学中退と同じように
残念ながらサポステには、過去の職務経歴を消し去ったり、在職期間を延ばしたりするような魔法はないですけれど、同じ悩みを抱えながらもお仕事に繋がっていった方をたくさん見てきています。

 

確かに誰がどう言おうと、どうしたって面接では覚悟が必要になることでしょう。
ただ1人きりで行う活動は辛くても、一緒にやれれば少し気持ちも軽くなるかもしれない。
もちろん不採用になってしまう企業もあるとは思います。
でもそんな時は、その企業のありったけの文句を一緒に言いながら(笑)次はどうしよう。今度はこう言ってみよう。と、次の一歩に向けて一緒にやっていきましょう。

 

たちかわ若者サポートステーション

http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/

ページトップへ