育て上げブログ

ジョブトレ

2016年08月10日

4ヶ月で「働く自信」をつける!IT訓練プログラム

ジョブトレではITスキルの習得を通じて企業インターンを経験し、就労を目指す「ジョブトレIT」を行っています。1月から始まったプログラムには6名が参加し、全員が全行程を修了しました。今回は4か月にわたる講座の内容を紹介しながら参加した若者の声をお伝えします。

 

 「このままではいけない」

1か月目。まずはジョブトレに集まったひとりひとりと面談を行い、お話を聞きました。
 「IT技術を身につけて自信をつけたい」
 「なんとなくパソコンを触る仕事が自分にはいい気がする」
 「正直、力仕事は訓練でも取り組めそうにない」

参加する理由はまちまち。悩みも不安もひとりひとり違います。15年以上のひきこもり状態を経験され、通い続けることが最初の一歩という方もいらっしゃいました。共通していたのは、「このままではいけない」「何とかしたい」という変わる気持ちを持っていたことです。参加者同士もまだまだギクシャク…ITの日は毎回アイスブレイクを行ってお互いのことを知ることからはじめ、パソコンの仕組みや仕事でよく使うExcelの作業など、ITの基本をゆっくり覚えていきます。

 

プログラミング+プレゼン=自信

2ヶ月目、ここからが本格的なスタートです!

1ヶ月かけて「プログラミング」を学びます。「プログラミング」に初めて触れる方がほとんどですが、IT企業で働いていたスタッフが講師となり、スキルを身に付けていきます。この講座の最後にはなんと、学んだ知識をスタッフに向けて発表する「プレゼンテーション」があります!相手にうまく「伝える」方法や「話し方」を学ぶセミナーの時間があり、練習をたくさんして挑戦します。「一番ターニングポイントになったのはプレゼンで緊張の中みんなの前で話した経験かもしれません」と振り返る方もいて、大きな経験となったでしょう。

image1

 

「 自分たちで考える」

3ヶ月目になると「仕事体験」が始まります。実際の仕事のように業務依頼を請けるところから始まり、納期に間に合わせるためのスケジュール作りやチームで動くための役割分担など、「働く」を意識して作業に取り組みます。今回手作業で行っていた顧客管理を自動化するシステム構築を請け負いました。今まで培ってきたプログラミングのスキルを活用していきますが、習っていないこともしばしば。そんな時は自分で調べて、試して、ダメならもう一度…と試行錯誤の期間でもあります。「自分たちで考えていくことが多く、ここが一番苦しかったが、それが自分とって必要なことでもあった。」と話す方もいました。

 

 image2

 

そして企業へ

4か月目。無事、システムが完成して安心したのもつかの間、「企業インターン」にチャレンジです!企業見学や面接を行い、各々が企業で1ヶ月間のインターンシップを体験します。いきなり会社なんて…と不安がいっぱいになりますが、今まで何人もインターン生を受け入れてくださった会社ばかりですので、不安になったときには相談して乗り越えていけます。週5日の出勤。スーツを着た仕事。本当の「会社」だからこその経験を重ね、みなさんの雰囲気はどんどん変わっていきました。インターンが終わったあとは「週5日、フルタイムでもいけると思う」と話し、就職活動に取り組もうとする姿がまぶしくうつります。「働く自信」がついた証拠でしょうか。

 

 仲間と一緒に。

最終日、すべての工程を終え、最後の振り返りと修了式を行います。
最後に一言コメントを一人ずつお願いし、
  「途中で来なくなったときがあったが、また来はじめたときに温かく受け入れてくれたことが嬉しかった」
  「このメンバーでやってこられたから自分は安心して挑戦や失敗ができた」
  「こんなに真剣に向き合ってくれる人がいるとは思わなかった」
と普段は口数の多くないメンバーが一生懸命、感謝の気持ちを伝えてくださったことが印象的でした。

4か月前、「働く自信」が持てず、一歩踏み出せなかったメンバーは、ほぼ全員が就職活動を始め、就職が決まった方も出てきています。

 図1 図2

 

現在、「ジョブトレIT」の参加者を募集しています。ほとんどの方が「どうしたらいいかわからない」「何からしてよいかわからない」からスタートします。ハードルをひとつひとつ飛び越えて、失敗しても何度でもやり直せる。そんな「1歩を踏み出す4ヶ月」に取り組んでみたいという方はぜひお問い合わせください。

 

お電話にてお問い合わせを受け付けております。

TEL:042-527-6051(担当:古賀・平松・青木まで)

お問い合わせ先:育て上げネット(月~金・9:00~18:00)

ページトップへ