育て上げブログ

運営する事業所

2016年02月25日

少しの「力」とタイミング

「慣性の法則」をご存知でしょうか。

“止まっている物体に、力を加えなければ、そのまま止まり続けます。
動き続けている物体に、力を加えなければ、そのまま動き続けます。“
                       (慣性の法則 わかりやすい高校物理の部屋 から引用)
     

何もしていない状態から何かを始めるには「力」が必要ですよね。
その力をどのように得るかはいろいろですが、
サポステの利用者さんの中にも、「何もしていない」時期を経て
動き出した人たちがいます。

 

IT関係の会社で働くIさん。
ずっと目標にしてきた資格の勉強に区切りをつけて以来、
サポステに来るまでは、アルバイトも就活もしない生活を送っていました。
「どうにもならない」と思っていた時期もあったIさんですが、
外からの少しの「力」とタイミングを掴んで動き出してからは、
慣性の法則に従うように、就労へと向かって行きました。

 

サポステを利用してお仕事に就かれた方へのアンケートに答えてくれた
Iさんのコメントを、ご本人の了承を得て以下にご紹介します。

 

〔ちょうふサポステアンケート Iさん 男性 29歳〕

現在の仕事について教えてください

IT関係の会社です。
現在はお客様のサーバを預かるデータセンターで、受付担当として常駐しています。
来客の入退館チェックや鍵の管理など、セキュリティ維持が主な役割です。

 

就職活動を始めるまでにどのくらい時間がかかりましたか?

大学を卒業してから7年、資格の勉強をやめてから4年程です。
資格の予備校に通っていた頃、会社説明会に参加したことがあります。
しかし、そこで自分をアピールすることがうまくできず、
自分にこの仕事に就くのは難しい、と感じました。
それ以来、資格の勉強をやめて就活もしませんでした。

 

サポステはどのように知りましたか?

カウンセリングに通って、仕事に向かう気持ちが湧いてきたタイミングで、
家族から、私と同じ悩みを持つ方が通う、就労支援施設があると聞きました。

 

サポステ利用前はどんな状況でしたか?

アルバイトも含めて働いた経験が全くない状況で、資格の勉強も途中でやめてしまい、
自分に出来る仕事など無いと思っていました。
また、仕事をしなくてはいけないという気持ちも決して強くはありませんでした。

 

サポステを利用して良かったことは?

どうにもならないと思っていた当時の状況を率直に話すことができ、
冷静・客観的に自身の状況を見直すことが出来ました。
そのおかげで、自分にも何か出来ることがあるかもしれないと、
少しずつ考えられるようになりました。

 

サポステの印象は?

きっと今までに色々な悩みを持つ人を見てこられたであろう、
スタッフの方達の温かく柔らかい対応に、大変安心感を覚えました。
他の利用者の方達も控えめな方が多い印象を受け、
個人的には居心地の良さを感じました。

 

これから利用を考えている方へ一言お願いします!

私がサポステに行こうと思えた一番の理由は、
"何となく今なら動き出せそうな気がした"ことです。

新しいことを始めるにはどうしても少しの勇気が必要で、
特に社会との接点が少ない期間が長い程、抵抗感も強いと思います。

ただそんなときでも、ふと何となく"今なら"と思える瞬間があるのではないでしょうか。
そのとき、その気持ちを信じて是非動き出してみてほしいと思います。

 

 

ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/

ページトップへ