育て上げブログ

運営する事業所

2014年08月05日

「一歩外に出て相談してみたら、道を見つけることができた」

たちかわ若者サポートステーション(たちかわサポステ)です。

 

たちかわサポステを利用され、お仕事に就かれた方に、

サポステを利用してみた感想をお聞きしました。

 

サポステが利用者さんにとってどんな風に映り、

またどんな活動を通してお仕事に就かれたのでしょうか。

 

 

【現在、倉庫内作業のアルバイトをされているSさんへのアンケート】

 

①年齢

23歳

 

②働いていなかった期間

7年間。

高校を中退してから引きこもりみたいになっていて、ずっと気力が湧きませんでした。

 

③サポステを知ったきっかけ

22歳ぐらいの時、年齢的にもこの現状を何とかしたい、動かないとと思い、

ジョギングなどなるべく外に出るトレーニングをしようと動き始めました。

その時期に、外に出れるきっかけになるような機関が無いか母に聞いたところ、

役所に聞きに行ってくれ、サポステを紹介されました。

 

④サポステの第一印象、雰囲気

最初は緊張していたので雰囲気といっても何とも(笑)

一番最初に担当して下さった方は穏やかで、親身になって聞いてくれました。

 

⑤サポステで利用したプログラム

まず、コミュニケーション講座、プチ社会人講座、PC講座に参加しました。

また、個別相談で講座の振り返りをしたり、今後の仕事についての相談に乗ってもらっていました。

その後、マイチャレンジたちかわ(立川市若年者就業支援事業)という

5か月くらいの販売体験プログラムに参加しました。

 

⑥サポステでやってよかった事

コミュニケーション講座は、長年、人と話してこなかったので、

講座を通してコミュニケーションのカンを取り戻せたことが良かったです。

マイチャレンジたちかわでは、販売会を通して

「仕事」ってものを体験することができたのが大きかったと思っています。

 

⑦現在の仕事について

内容は倉庫内作業。アルバイトをしたことが無かったため、

まずはできることからやれればと思っていました。

受かった後、最初は慣れようと必死でしたが、頑張って続けてきたことが評価され、

今は資格を取らせてもらえるようになったり、リーダーを任されるようになりました。

 

⑧これから利用を考えている方へ一言

僕は外に一歩出てみて相談してみたら、自分ではなかなか考えつかない別の道、

別の選択肢を見つけることができました。あまり深く考えこまず、ぜひひとまず外に出てみて下さい。

いいヒントが見つかるかもしれません。

 

 

Sさん、アンケートにお応えくださりありがとうございました!

 私達は、利用者さんにとって一番良いサポートは何か、日々模索しております。

その模索が、皆様の今後の「働く」ことのお役に立てれば幸いです。

 

 

たちかわ若者サポートステーション

http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/

 

01

 

 

ページトップへ