育て上げネット

NEWS

2014年09月02日

2014.9.2 YOMIURI ONLINEに掲載いただきました。 

理事長・工藤啓のコラム連載「『働きたい』に寄り添う」第9回目です。

「地球を救わなきゃ!」から15年、今、多文化共生の視点で
尾崎嘉洋(一般財団法人北海道国際交流センター)

「気がついた人間ができることをする。その言葉を大切にして生きています」と話すのは、一般財団法人北海道国際交流センター国際人材育成セクションのリーダーを務める尾崎嘉洋(37歳)だ。
商社で働く父親と専業主婦の母親、4歳上の姉と埼玉県久喜市で育った。地元の公立中学校を卒業後、栃木県の私立高校に進学。彼女とデートしたり、古着や音楽を楽しんだり。「将来のことなんか何も考えていなかった」と振り返る。
(2014年9月2日付 YOMIURI ONLINEより抜粋)

以下のURLからお読みいただくことができます。
http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/kudo/20140902-OYT8T50116.html

「『働きたい』に寄り添う」バックナンバーはこちら
#8 「場の力」で、ひとは笑顔に、元気になる (2014/8/19)
#7 高校生の居場所づくりを学校外からも支える25歳 (2014/7/29)
#6 「食べていける若者支援」目指す38歳 (2014/7/15)
#5 「作り笑い」だった自分が生きづらい若者のそばにいて (2014/7/1)
#4 被災地で一度心が折れかけた元劇団員、若者支援の道へ (2014/6/17)
#3 「中二病」カッコつけたがりだった自分が選んだ道 (2014/6/3)
#2 2度目の中退でふらふらしていた自分が支援者に (2014/5/20)
#1 「大家族」で育ったボクが、なぜ若者就労支援をするのか (2014/5/8)

ページトップへ