「働く」に不安を感じたら、たちかわ若者サポートステーションへ

たちかわ若者
サポートステーション

たちかわ若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~39歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒190-0011 東京都立川市高松町2-9-22生活館ビル4階
オープン 10:00~18:00(受付は17時まで)
休館日 水・日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

たちかわ若者サポートステーション

2018年10月24日

少年が教えてくれた働く大事なこと

先日、サポステのスタッフと居酒屋にご飯を食べに行きました。
なかなかにぎやかで、活気ある店内。お客さんも多く入っていました。
僕たちのテーブルを担当してくれた店員さんは、見るからに入ったばかりの、動きの1つ1つがたどたどしく、ぎこちない店員さんでした。
おしぼりの渡し方、お通しの説明など、まさに習ったものを習ったままにそのままやってます!というような様子。

僕たちは仕事柄たくさんのお仕事を希望する人を見てきているので、なんとなく
「この人はこんなところで働いていそうだなぁ」
というイメージを勝手に持ったり、膨らましたりするのですが、今回の店員さんはちょっと意外だなという印象の少年でした。

僕たちはその店員さんに対して「温かく見守るモード」に入り
多少のもたつきも全部微笑ましく見守っていました。

が、事件は起こる。

その店員さんが席に料理を持ってきたとき、僕たちは追加の注文をお願いしました。
はい!と元気よく返事をしたのち、注文のメモを取るために少年は、持っていたおぼんを

 

そっと床に置く。

 

僕たちは衝撃を受けた。
おぼん、床に置いたーーーー!!!!

飲食店として、料理を運ぶおぼんをお客の目の前で床に置くという暴挙。
これは、絶対、お客さんにもお店の人にも怒られるやつだ。

サポステにも過去接客業をやっていて、お客さんに怒られたとか、お店の人に怒られたとかで、接客業に自分は向いていない。違う仕事したい。と言う人もたくさん来ます。
今回もたぶん、やっぱりおぼんを床に置いたら怒られます。
でもそれは、次からお盆を床に置かなければいいだけで、その少年が接客に向いていないわけじゃない。

怒られたり、注意されたりするのは、初めてやれば当たり前。
できるようになれば、できることもたくさんあるはず。

おぼんを床に置いたとしても、君の一生懸命働く姿はとても好印象。
丁寧でしっかりした接客は大事かもしれないけど、その一生懸命さが一番大事だよね。
そうやって出勤するたびに成長していくんだ。

レベルアップに乾杯。

だけどおぼんは床に置かないでほしい。。。。
たちかわ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/
お電話での予約 042-529-3378
説明会のお申し込みはこちらのフォーマットから

2018年09月12日

ドキドキ初出勤

僕は、主に牛丼などが出てくるチェーン店にぼちぼち行きます。
お仕事に関する仕事をしているせいか、お店に限らず働いている人の様子を観察してしまうクセがあるのですが、先日そのお店に行ったとき、もう、初めてのアルバイトで、しかもたった5分くらい前に初めて出勤しました。みたいな青年がいました。

すれ違う同じ職場の人に、名前を言ってはよろしくお願いしますと頭を下げる様子がなんとも初々しい。

「お皿を下げるときは、箸はここじゃなくてここ。じゃないと落ちちゃうから。で、このお皿を一番下にするの」

食器なんてただ下げればいいだけだと思っていたけれど、そんなルールがあるのかと、見ていて思いました(同時にちょっと面倒くさいな。とも(笑))
その青年も青年で必死なので、はい。と返事をしながら教えてくれる人の後ろをちょこちょこと動きまわっていました。

お水の位置はここ。
ストックは3個。
半券はこっち。
お味噌汁を出すタイミングはここ。
(あ、店がばれる(笑))

お客さんは入れ替り立ち替りする中で落ち着いてメモを取ることもできずに、最初は大変だろうなぁ。とその様子を眺めていました。
次第に混んできて、フロアはてんてこ舞いに。

そのお店には、凄く元気なおじいちゃんが働いていて、僕はそのおじいちゃんを見るたびなんて気持ちのいい接客をするおじいちゃんなんだと感心していました。それなりにご高齢であるにも関わらず、動きもきびきびとし、お腹がじゃぶじゃぶになるまでお水のおかわりを必ず注いでくれる(笑)
ただそのおじいちゃん。
優しく指導というよりかは、なかなかのスパルタでギャップ。
「あ、身内には厳しいタイプだったんだ」と意外な一面が見えたり。
でもきっと仕事を離れた休憩中は超いい人。のはず。そう信じたい。

サポステにも人生で初めてのお仕事という人はたくさん来ます。
サポステではお仕事が決まって頑張ってね!!と盛大に送り出すことはできても、初出勤に立ち会うことはありません。
あぁ。みんなこんな感じなのかなぁ。頑張ってるかなぁ。と、これまでサポステでお仕事が決まった人のことを思い出し、思いを馳せました。

いろいろな方が来るお店である以上、いいお客さんも来れば、横柄なお客さんが来ることもあるでしょう。
ありがとうと感謝されることもあれば、理不尽なことを言われることもあるでしょう。
その1つ1つが、きっと強くたくましくなっていく経験になることでしょう。

これからが楽しみだね!頑張れ!!

なんてことばかり考えていたら、食べていたトマトカレーがYシャツに飛んだ。

 

定着支援もやっているので働き始めも安心です。
たちかわ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/
お電話での予約 042-529-3378
説明会のお申し込みはこちらのフォーマットから

2018年08月10日

おいしいね!冷やし担々麺!

暑いですね。
暑くなりましたね。

先月のブログと同じ書き出しですが、まさか先月のブログをアップしたその日に風邪と熱中症にかかり、その後一週間寝込むことになろうとは思いもしませんでした。
みなさん、水分補給は必ずしてくださいね。
まだまだ体調管理には本当に気を付けてください。

さて先日、サポステを利用してお仕事が決まった方が、今の様子を聞かせに来てくれました。
その方のお仕事は、食品工場のラインの仕事なのですが、今はスーパーやコンビニなどで見かけるような冷やし担々麺を担当しているようです。

「肉みそが結構固くて大変なんですよー」
「え?あれって人がやってるの??」

と、僕はてっきりその手のものは機械がむにゅっむにゅっと次々に出しているものだと思っていたので驚きました。
「機械化が進んでそうだけど、意外とアナログなんだね」

冷やし担々麺には、トマトやタマネギを入れる役もあるようなのですが、そのトマトもタマネギも人が切っているとのこと。
「手作業で入れていることにも驚いたけれど、その入れているものさえも手作業で作られていると知ったときは驚きました!
一体この工場の中には、何人の人が働いているんだ・・・!!って」
「ほんとだね!」

なんて、それを聞いて以来、無機質にお店に並んでいるお弁当の1つ1つが、自分の思っている以上に誰かの手作業によって作られていると思うと、1つ1つのお弁当に僕は、お疲れ様です。と敬意を示したい。

いろんな人がいて楽しい。
と話す言葉に、どんな人がいるの?と聞いたところ
「全体の半分近くは外国の人なんです。日本語も話せる人たちばかりなので大丈夫なんですが、同じ国の人が固まると何言っているかわからないときもあります。みんな明るくて、おしゃべりで、一生懸命で、楽しいです。超グローバル」

そ、そうなんだ。

これも勝手なイメージだったのですが、ラインのお仕事はどちらかというと黙々と作業をこなしていく動きになるので、わいわいガヤガヤとしたおしゃべりとは少し距離がある職場になるのかな。と僕は思っていました。
実際にはそうではなかったようです。お昼休みはずいぶんと賑やかな様子。

もちろん職場によっては環境が異なると思いますので、求人票やイメージだけではわからないことだらけ。だからこそ、工場見学の機会や、面接での会社の様子などを自分の目で見て判断することはやはり大事ですね。

僕はコンビニやスーパーのお弁当がなくなると、とっても困ります。
だからとても助かっています。
でも、僕のその助かっているという気持ちは、どこに運ばれて、誰に食べられるかもわからないそのお弁当を作っている人たちには伝わる機会すらない。
それでも、お仕事を始めたその人は、一人暮らしも始め、これから貯金もして、お金がたまったらこんなことがしたい。
そんな話をしてくれました。
そして僕は、今日もコンビニのお弁当を食べる。

いろいろ人が、それぞれの新しい一歩を踏み出しています。
たちかわ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/
お電話での予約 042-529-3378
説明会のお申し込みはこちらのフォーマットから

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座

利用者の声

PAGE TOP