「働く」に不安を感じたら、コネクションズおおさかへ

大阪市若者自立支援事業コネクションズおおさか(大阪市若者サポートステーション)

15~39歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400
大阪駅前第2ビル4階
開所日時:火・木・金・土(祝日を除く) 11:00~18:30(来所受付:18:00まで)
平成30年6月~平成31年3月までの第3金曜日は20:30まで開所(来所受付:20:00まで)

ブログ

ブログ

コネクションズおおさか

2018年08月31日

仕事体験先、訪問してみた② – 製作所編

こんにちは。
コネクションズおおさか仕事体験担当の有働(うどう)です。

仕事体験の担当スタッフになった私が、
コネクションズおおさかが持つ約60ヶ所もある仕事体験先に
ご挨拶しにいった際に感じたことをまとめている訪問記です。

働いている方々からお話を聞いたり、その企業さんがされている事業の内容をまとめています。

今回は「へら絞り」という技術で世界を相手に活躍する企業さんです。

 

魔法使いのいる工場


へら絞りとは、まるい平面の板を職人さんが使う「へら」によって、
あっという間に立体の形に変えていきます。まるで魔法のように...

仕事体験は、まさにその「へら絞り」の技術を体験できます。
職人さんがサポートしてくださるので、"素人"でもプロフェッショナルな体験をすることができますよ!

 

【圧倒的な技術を武器に】

生野区にある兄弟で営まれている小さな工場。小さいと侮るなかれ。
有名テーマパークや電気会社、プロマジシャンからも注文がくる「知る人ぞ知る」企業さんなのです。

最近では、デザイナーさんとのコラボなど新しい試みを通じて、国内にとどまらず海外からの依頼もあります。

 

「注文はほとんどホームページから」


10年ほど前、不況のあおりを受け、得意先だった多くのメーカーからの受注が激減。
そこで「ホームページによる情報発信」を武器に、
これまで培ってきた技術をアピールしたいという思いで動き始めました。

とはいえ、当時、パソコンの技術はゼロ。
ひとりテキストを見ながら、ホームページを自分で作成したそうです。

「今までのつながりを守るのではなく、攻めの姿勢」を大切にしているおふたりらしいストーリー...
結果的に、これまで予想もしていなかった個人のお客さまや海外の企業からの依頼が入るようになり、
会社として新たなスタートを切ることになりました。

 

「ピンチをチャンスに変える」


「今は自分たちの技術がひとさまのお役に立っている充実感がある」
と語る社長の眼差しは力強く、温かったです。

仕事体験は、工場という普段知ることのできない新しい経験ができるとともに、
自分たちの技術を武器に活躍される「職人」からお話しを聴ける機会です。
今まで経験したことがないことと出会うチャンスとしても有効だと思いますので、
ご関心のある方はぜひ、スタッフに話してみてくださいね。

次回は未定ですが、また訪問記がまとまり次第ご紹介したいと思います!


大阪市若者自立支援事業(大阪市地域若者サポートステーション併設)
コネクションズおおさか
Tel:06-6344-2660
Mail:info@connections-osaka.com
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400(大阪駅前第2ビル4階)
※電話受付:火、木、金、土(11:00~18:30)
※平成30年6月~平成31年3月までの第3金曜の電話受付(11:00~20:30)

2018年08月15日

仕事体験先、訪問してみた① – データ入力/事務作業編

こんにちは。
コネクションズおおさか仕事体験担当の有働(うどう)です。
今年から私が仕事体験の担当スタッフになりました。

コネクションズおおさかは約60ヶ所も仕事体験先を用意していて、業種もさまざまです。
それぞれの企業さんに挨拶に行ってきて、働いている方々からお話を聞いてきました。
皆さまの参考になればと思いまして、訪問記をつけてみようと思います。

今回はデータ入力・事務作業を体験できる企業さんです。
新聞社の読者の方を対象にサービスを提供している企業ですが、訪問したら驚き。
で、でかい、、、空に向かって立つ立派なビルです。


※画像はイメージです。

1階で受付を済ませてエレベーターに乗り込みます。
降りてみるとそこにあるのはキレイで広々としたオフィス空間。。。

職員の方々はカジュアルな服装でリラックスした雰囲気が印象的。
入り口すぐのカウンターには情報誌がずらっと並び、
いかにも「編集部」といった趣きがあります。

仕事体験の担当者さんにご挨拶。
お世話になっているこの方は「編集部 記者」でもあります。

仕事体験では主に電話の取次ぎ、データ入力、発送作業をしていただきます。
入力作業はスピードよりも正確性を重視しますので、
作業が遅くてもひたむきに取り組んでいただけるとありがたいです」とのこと。

ここで仕事体験をしたら
「オフィスで働く」というイメージがしっかりとつかめるのではないかな?
と感じました!

仕事体験先は相談を通じて、スタッフと一緒に考えながら進めることができます。
どういうところが自分に合うのかわからないという方も、まずは相談に来てみてくださいね!

次回は「へら絞り」という技術で世界でも活躍する工場への訪問記です。


大阪市若者自立支援事業(大阪市地域若者サポートステーション併設)
コネクションズおおさか
Tel:06-6344-2660
Mail:info@connections-osaka.com
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400(大阪駅前第2ビル4階)
※電話受付:火、木、金、土(11:00~18:30)
※平成30年6月~平成31年3月までの第3金曜の電話受付(11:00~20:30)

2018年05月25日

コネクションズおおさかが新しくなりました

こんにちは。

カーペットの色を変えてみました、コネクションズおおさかです。

実は今年の4月から新しい職員も加わって、さらに皆さんのサポートができる準備が整いました。今日はその新入職員から、それぞれ一言(と言っているにも関わらず少し長いのは大目にみてください笑)。

有働 摂雄(うどう せつお)


4月に入職しました有働と申します。専門学校進路指導課で学生の皆様の就職活動支援をしておりました。映画が大好きです。好きな映画は色々あるのですが、アメリカ映画の「ショーシャンクの空に」は観るたびに元気をもらいます。皆さんと映画のお話しが出来れば、こんなにうれしいことはありません。よろしくお願いします。

岡本 恵津子(おかもと えつこ)


4月に入職致しました岡本恵津子と申します。前職は官公庁での事務職を2年、その前は派遣で複数のコールセンター業務を20余年経験しました。コネクションズおおさかで働こうと思ったきっかけは、TVから発信されていた若者の「何のために生きているんだろう」、「何のために働いているんだろう」の言葉に、微力かもしれませんが役に立ちたいと思ったからです。よろしくお願いします。

榊田 晴美(さかきだ はるみ)


「あなたは社会に必要ですよ~」「社会はあなたを待っていますよ~」いっしょに新たな一歩踏み出しませんか?ひとりで踏ん張っているあなた、コネクションズおおさかはチームであなたを応援します。未来の扉開きましょう。マラソンの伴走者のようにあなたと一緒に走ります。よろしくお願いします。

山本 桐子(やまもと きりこ)


はじめまして。2018年4月に新しくスタッフに加わりました山本桐子です。鳥取県出身で、ゲゲゲの鬼太郎のイベントスタッフを経たあと、事務職を経験してきました。さて、ここで質問。「目玉おやじの大きさ」はどのくらいか知っていますか?答えの気になる方は、山本に声をかけてくださいね。皆さんの毎日が楽しくなるようにサポートしたいと思っています。これからよろしくお願いいたします。

 

以上、長めの一言でした!

新スタッフも加わった新生・コネクションズおおさか職員一同で皆さんの将来に向けてのサポートをしていきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいね!

 

大阪市若者自立支援事業(大阪市地域若者サポートステーション併設)

「コネクションズおおさか」

06-6344-2660

info@connections-osaka.com

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座

利用者の声

PAGE TOP