「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 9:00〜16:30
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2019年09月10日

10/5(土)お子さんの生涯資金計画を立てるセミナーのご案内


こんにちは
今回は、ひきこもり状態状態にある親御さん向けセミナーのご紹介をさせていただきます。

 

「ーお子さんの生涯資金計画ー 働けない子どものお金を考える」

 

“今後自分に何かあったら…” と考えると、お子さんの心配は絶えないのではないかと思います。

今回は、「どうしたら働けるようになるか」ではなく、「働き方」を考えます。

いきなり月20万円を稼ぐことは難しくても、月8万円なら稼げるかもしれません。フルタイムで働くことが難しくても、週に2回なら働けるかもしれません。

そこで、ご家庭の財産を見直すことで、お子さんが生きていくためには今後いくら必要で、
そのためにはどのくらいのペースで働けばいいのかが具体的に見えてきます。

今回のセミナーには「働けない子どものお金を考える会」のメンバーとして全国各地で講演・相談会をさえている浜田裕也さん(※1)迎え、生活設計方法や今後のアドバイス等お話ししていただきます。

なんとかしなくては…と日々考えられていることと思いますが、新しい視点でお子さんの将来を考えてみませんか?

詳しくはこちらの記事もご参照ください
働けない子どもの生活設計。1っか月の生活費の計画を立てることも必要

 

※1浜田裕也さん
身内に元ひきこもりがいたことがきっかけで、ひきこもりのお子さんを持つご家族の生活設計のご相談を受けるようになる。その後、内閣府ひきこもり支援者読本、第5章「親が高齢化、死亡した場合のための備え」を共同執筆。
ひきこもりのお子さんに限らず、障がいをお持ちのお子さん、ニートやフリーターのお子さんを抱えるご家族の生活設計のご相談を受けている、また全国各地で支援講演会をおこなっている。『働けない子どものお金を考える会』のメンバー。

 

〈実施詳細〉 
日時:令和元年10月5日(土)14:00~16:00(開場 13:30)
参加費:無料
定員:50名(予約制・先着順)
会場:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前・JRさいたま新都心駅徒歩8分)
お申込み:こちら、または若者自立支援センター埼玉(048-255-8680)までお電話ください。

ご参加お待ちしております。


かわぐちサポステ
若者自立支援センター埼玉
電話:048-255-8680(9:00~16:30)
休み:日・祝


最新記事

カテゴリー

過去の記事

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP