かわぐち若者サポートステーション

2015年10月8日

「まずは見るだけ、話を聞いてみるだけ!」の利用説明会

かわぐちサポステを利用している方に利用を考え始めたころの心境について尋ねたところ、以下のように答えてくれました。

 

 

「利用を決めるのは、本当に一大決心でした」

 

「どんな人が来ているのか、自分は場違いにならないかなど気にしていました」

 

「自分の状況を話したら叱られたりするのではないかと思っていました」

 

「登録面談の予約をしたら最後、もう逃げられないなんて考えていました(笑)」

 

 

いま、利用を検討されている方の中には、新しい場所を訪ねることなどに不安を感じている方もいらっしゃると思います。見知らぬ場所や人に対して、不安を感じるのは自然なことです。電話をかけようとしてはやめて、を何回も繰り返したという方もいました。利用のためには、事前の電話予約と登録が必要なため、プレッシャーを感じてしまうこともあったようです。

 

かわぐちサポステでは、そんな不安を軽減できればと思い、「まずは見るだけ、話を聞いてみるだけでもOK」という『利用説明会』を月に一度、開催しています。

 

説明会には、ご本人や保護者の方が参加をされています。(関係機関の方もご参加いただけます)保護者の方や、関係機関の方とご本人が一緒にいらっしゃる場合も多々あります。

 

かわぐちサポステがどんなことができるところで、どんな雰囲気の場所なのか、どんな人がいるのか、などを知ってから利用するかどうかを決めてもらえればと思います。

 

「一度でも行ってみた場所だったから、二回目は少し行きやすかった」というご本人の声や、「子どもがどのような場所で活動していくのか実際に見られてよかった」という保護者の方の声もお聞きします。

 

利用説明会は、電話でご予約できます。今月は、26日(月)の15:30~16:30の開催です。
(利用説明会の案内チラシは、コチラをクリック) 

 

まずは、利用説明会に参加してみることで、はじめの一歩を踏み出してみませんか。皆さまからのご連絡をお待ちしています!

 

 

 

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/

若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/

※かわぐちサポステは、埼玉県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため、

お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお応えしています

 

 

 

kawaguchi_photo

2015年7月16日

働く前にコミュニケーション・マナー実践をしておこう!

「就職活動や社会に出たとき、マナーなど実践できるか不安だ」

という利用者さんの声を聞きます。

 

かわぐちサポステでは、仕事に役立つコミュニケーションの取り方や、社会人としてのマナーなどをお伝えしていますが、講座や相談を通して得た内容は、あくまで知識です。そこで得た知識を、社会で実践するような経験をしてみることをおすすめします。

 

近く、そんな機会がありますのでご紹介したいと思います。それは、年に一度の夏の大型地域イベント、「川口ストリートジャズフェスティバル2015」です。

 

イベントを主催する川口商工会議所のご協力により、ボランティアスタッフとして参加をして、今年で4年目となります。(いまでは、企画の段階から関わらせていただいています)

 

川口フェス当日は、企業の方、地域の方と一緒に設営補助、人員誘導、チラシ配り、撤収補助などをします。数名のサポステスタッフが利用者の皆さんとチームを組むので安心して参加できます。

 

 

画像は、去年の「川口フェス」開催の様子です
(画像掲載の許可をいただいています)
kawaguchifes2014

 

 

 

ここで、過去にボランティア参加をした

皆さんの感想や言葉をご紹介します。

 

 

「参加には、かなりの勇気が必要でした。当日、緊張してずる休みを考えたほどです。いまは参加してよかったと思っています」

 

「最初、歩いている人にチラシを渡せなかった。声のかけ方とかタイミングとか、他の人のまねをしているうちにできるようになった。実はこれがうれしかった」

 

「初めて働くときに大事なことはなんですか、と社長さんに聞いてみた。挨拶と返事、わからないことをそのままにせず確認すること、と言っていた。仕事についたら気をつけてみようと思う」

 

「前の職場が大変だったので、次の就職に二の足を踏んでいました。人当たりのいい社長さんや会社員の人と接してみて、狭い世界だけを見ていたのかもなあ、と感じました」

 

「役割をこなす真剣さとイベントを楽しむ抜きの部分を切り替えている人を見て、自分も見習いたいと思った」

 

(掲載の許可をいただいています)

 

 

ボランティアには、サポステを利用して仕事が決まった方や、次のステップを目指して活動中の方が参加されることもあります。就活や仕事ばかりの日常に、少し風を入れるのもよいと思います。社会貢献のエピソードにもなりますね。

 

今年のフェスは、9月20日開催です。ジャズだけではなく、いろんなジャンルの音楽が街にあふれます。川口フェスのホームページから当日の雰囲気がわかります。

 

就職前のこの夏、一緒に社会経験を積んでみませんか。

 

 

 

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/

若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/

※かわぐちサポステは、埼玉県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため、

お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお応えしています

 

 

 

kawaguchi_photo

 

2015年6月11日

よりよく伝わる“声”のチカラで就活しよう!

かわぐちサポステでは、
定番のコミュニケーションや就職に関する講座のほか
「特別企画!」と題したセミナーを実施しています
(不定期の開催です)

 

なかでも、人気が高いのが、
「プロによるボイストレーニング講座」です!

 

6月18日に開催します

 

 

「話すと聞き返されてしまうことが多い」

「声が小さい方なので、大きな声なんて出ないですよ」

「面接で緊張すると、もう言葉に詰まってしまって…」

「気持ちはあるのに、それが相手に伝わりにくいんです」

 

そんな声をよく耳にします

応募電話や面接など就活の場面から、仕事やプライベートまで、
声が必要となる機会は多いですよね

 

「この仕事に応募してみようかな」と、意を決して電話をしたのに
面接前に声でマイナスの印象を持たれてしまうのはもったいないと思いませんか

 

 

この講座では、

 

「発声の仕方」
「滑舌がよくなるためのトレーニング法」
「表現力を身につけるトレーニング法」

 

を実践的に学べます

 

下の画像は、講座開催時の様子です
(参加者の皆さんに掲載の許可をいただいています)
ボイトレ_かわぐち

 

 

講座終了後の皆さんの変わりように
スタッフはびっくりします

 

過去の参加者の方々は、お気づきだったでしょうか

帰り際の挨拶が、講座の始まりのときとは

まったく違っていました!

 

参加者の皆さんからも、「声だけでこうも変わるものか」という
感想がたくさん聞かれました

 

 

当日の講師は、フリーアナウンサーをされていた方

 

現在は、キャリア相談員の資格と併せ、
ご自身の経験を活かした“声”の支援をされています

 

 

「性格を変えることは難しくても、声格(声で与えられる印象)は、
意識することで変えることができますよ」

 

講師の方の言葉です

 

 

ぜひ、この機会にご参加ください!

※ご参加のためには、かわぐちサポステの利用登録が必要です

 

 

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/

若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/ 

※かわぐちサポステは、埼玉県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため、

  お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお応えしています

 

 

 

kawaguchi_photo

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
/voice/2/">/img/voice/img-uservoice-02.png">/voice/2/">履歴書に空白のある私は就職できないと思い込んでいた。K・Nさん 女性 24歳短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。就活したくても「履歴書のブランク」が気になるため、インターネットで調べてサポステへ。来所から半年経過。/voice/2/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/1/">/img/voice/img-uservoice-01.png">/voice/1/">一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。/voice/1/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/5/">/img/voice/img-uservoice-05.png">/voice/5/">再就職したいけれど、前職でのつらさからなかなか一歩が踏み出せなかった。K・Aさん 女性 25歳大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係や働くことに自信がなくなり、自宅で家事手伝い。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。/voice/5/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">