「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 9:00〜16:30
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2018年11月20日

27日ぷれサポはアナログゲームの日

アメコミ界の巨匠「スタン・リー」さんが亡くなったことを朝のニュースで知り、悲しみを隠せないヤマザキです。(13日作成)
日本のマンガのことも知られていて、コミックに限らずたくさんのメディアに影響を与えてきた方。
さまざまな映画化作品にこっそり登場するコミカルな姿が印象的でした。
「平成」が終わりますね。。。

さて、27日のぷれサポはアナログゲームの日!
たまには少し雰囲気の違うゲームも良いのでは??などと思っていますが、時間的な都合もあるので検討中です。
これまで遊んできたゲームの情報をみて、やってみたいなぁというものがあればスタッフに一声おかけください!

なつのたからもの

縁日、虫取り、海水浴、かき氷......夏らしいものって挙げるときりがない。
そんな”夏らしさ”をテーマにしたカードゲーム。
10色に分かれた”なつのたからもの”を集め、ポイントを重ねていき、最もたくさんのポイントを獲得した人の勝利です。
ルールはとっても簡単で、ゆっくりとプレイするのが楽しむコツ。カードに沿った思い出でも語りながらワイワイとプレイしましょう!

海底探検

7月のアナログゲーム会でもプレイした(非)協力型、宝集めゲーム。
古い潜水艦はみんなで酸素を共有。
他のプレイヤーより深く、そしてより価値のある財宝を集めましょう

ラミィキューブ

新しく入荷(笑)のゲームです。
マージャンのような数と役をそろえる数的ゲーム。
限られた時間の中で自分の持っている牌と場に出た牌を組み合わせよう!

コリドール

コマを1マス進めるかフェンスで相手の進路を妨害するかを選択し自分のコマをより早く向かい側のゴールまで進めるゲーム。
相手や自分の選択次第で刻々と戦局が変化するので、1つの判断ミスが致命傷になることも。
ゴールまでの距離を測りつつ相手の出方に応じた適切な対応=戦略的視点が勝負の分かれ目。

グリュックス

電力会社として、部屋に明かりをともすゲーム。
プレイヤーはゲームボード上の「部屋」に明かりチップを置いていきます。うまく明かりチップを配置して、多くの部屋でほかのプレイヤーより多くの明かりをともすことができたプレイヤーの勝ちです!

センチュリーゴーレム

ちょっとルールが複雑ですが、綺麗なクリスタルを扱う本格ボードゲーム!
すこし慣れている方におすすめ。
あなたは商人となってクリスタルの売買を行ないます。
その目的は「ゴーレム」を手に入れること。
他のプレイヤーたちに負けず、より「価値の高いゴーレム」を集められた人が勝利です。

ブロックス

三角形のピースを盤面においていくだけのシンプルなゲーム。
ルールはたったひとつ、置いてあるピース同士が点(角)でつながっていること。
囲碁のような陣取り要素がありますが、誰にでも、簡単にできるゲームです。
普段ゲームとかやらないかたにもおすすめ!

2018年11月16日

「働く」ときは1社だけって思いこんでいる気がする

ぼーっと生きてるヤマザキです。
相変わらずチコちゃんはエライなぁ…何でも知ってるなぁと感心してます。

さて、かわぐちサポステでは職業人講和というセミナーを開催しています。
さまざまな職業に就いている方にお越しいただき、どんな仕事をしているのか聞いてみたり、なぜその仕事を続けているのかお話してもらっています。
11月の職業人講和はちょっといつもと趣向が異なり「2つの仕事を持っている人」に来ていただきました。

今回お越しいただいた方は農業をやりながら翻訳も行っているという方。
これまでにさまざまな仕事を経験されてきたなかで今の働き方に至ったとのこと。

その共通点は「なるべく人と話さなくても良い」ということ。
なるほど…確かに翻訳は既にある文章と、農業は自然と、、、
いやはや盲点でした。

そしてやはり2つの仕事で生きていくという選択肢があるのは新鮮な感覚だなと思います。
副業禁止の企業も多いですし、長年あまり認められていなかったことも背景にあるのかもしれませんね。

さまざまな仕事の経験とともにさまざまな悩みも抱えてきたということをお話してくださいり、
「いろんな働き方があるのがわかった」
「普段話すことのない物事や悩みを言えた」
と、参加者もオープンにお話を聞いていたようです。

今後も、多様な働き方をしている方のお話を聞ける機会を作っていけたらなと考えております!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)

2018年11月14日

流行語大賞の「この話はみんなにも通じますよ」感が嬉しいという話

こんにちは。ブログ担当のヤマザキです。
気付いたら2週間近く更新していなかったようで、ちょっと焦りました。
投稿が10月で止まっている…

決して書くことががなかったんじゃないです!
だって、毎日のようにたくさんのニュースが飛び交っているではありませんか!
......話題できることがあったかな汗

そう、ヤマザキは文章のうえでは結構饒舌に語ることができますが、人との会話は割とニガテ。
何となくオタク気質があって、興味がある話題だと話すぎてしまったり、逆に無関心だと本当にリアクション取れなかったり…
日々、なんてことない雑談というのに苦しんでいます。

そんな悩みを抱える僕にとってこの時期は割と心穏やかな時期です。
なぜなら、流行語大賞の候補が発表されたから。
全30ワード、みなさんはどれくらい知ってましたか?
今年は割とわかるものが多くて、比較的多くの人が共通の話題で盛り上がったのかな?と思っています。
(それだけ熱量の高いものが多かったともいえますが!)

流行語大賞が出るとしばらく安心します。
なんせ話のネタが膨大!
そういえば「半端ない」って夏はずっと言ってたなぁとか、
「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」って知ってる?とか…

何を話したらよいか、通じるのかと悩んでしまう僕にとって、
流行語大賞は「この話はみんなに通じますよ」と誰かに後押しされた気になります。

そこにあるワードの話題はちょっと詳しく説明しても「そうなんだ~」と思ってもらえたり、
逆に知らないと「〇〇って流行してるの?」と聞いてみることもできます。

ちなみに僕がまったく知らなかったのは「グレイヘア」
1年間で流行語大賞で初めて出会った言葉でしたが、
周りに聞いてみると「確かに〇〇(雑誌)に載ってた!」みたいなことを聞いて、
「あぁ、自分とは違う年齢層や興味関心の人に流行ったんだ!」と気づかされたりします。

雑談苦手だなぁ~という方はよかったら流行語大賞のこと調べてみてくださいね!
知らない言葉をみつけたら自分で調べちゃう前に誰かに聞いてみると良いかも!
聞くから始まる雑談もたくさんありますよ!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP