かわぐち若者サポートステーション

2016年3月17日

“区切り” を活かした就職支援

学生時代は、学校が用意する「学期」や「定期テスト」といった“区切り”によって、学習や課外活動の目標を立てやすい環境がありました。

 

たとえば、「一学期は宿題を忘れることが多かったので、二学期は忘れないようにしよう」、「中間テストの結果が良くなかったから、期末テストで挽回しよう」などです。また、「冬休みの間だけアルバイトをしてみよう」など、あらかじめ決められた“区切り”を活かして生活のサイクルを考えることができたのです。

 

学校という「場」を出ると、“区切り”が不明確になります。会社などの組織では、その組織ごとに期限(期末や納期)がありますが、学生時代のそれとは異なります。区切りが明確ではないため、「気づいたら季節が変わっていた」、「春までに○○しようと決めていたはずが、いつのまにか夏になっていた」、といったことが起こってしまいます。

 

来所したご本人から、「今年中には働き始めたい」といった目標をよく聞きます。漠然としていても目標を持っていることは素晴らしく、まずそれが大事だと思います。しかし残念ながら、この目標だけでは実現が難しかったり、達成まで時間がかかり過ぎてしまうなどのことが起こりがちです。なぜなら、ゴール設定が遠すぎるからです。

 

3、4月の時点で、半年以上も先の目標を立てた場合、「まだ時間がある」とズルズルと流されてしまうことが少なくありません。その間の具体的な活動内容を定めていないのであれば、なおのことです。「今年中に働き始めたい」を目標にするのであれば、同時にこの大きな目標につながるステップを踏んだ小さな目標が必要です。

 

自分が働き始めるために、いま何が必要で、それをいつまでにどのように行うのか。一つひとつのステップごとに目標を立てることが大切です。そして、小さなステップをクリアするごとに自分の状態を確認します。目標は自分を縛りつけるためのものではなく、あくまで目安とするものなので、状況によっては、より適切な目標を再設定します。

 

たとえば、社会的ブランクが長い方は、①定期的に外出する②その回数を増やしていく③他者とやり取りする機会を増やしつつ、働くために必要なマナーなどを身につける④身につけたことを社会参加活動のなかで実践し経験を積む⑤短期や短時間のアルバイトをする⑥長期や長時間の仕事に移行する、など働くまでのステップをたくさん作り、それぞれに短期目標を設定します。一か月以内に①を行い、その次の二か月で②を終えるといった感じです。

 

このようなステップアップ方式で就職へ向け進んでいくと、大きな目標を達成するまでに多くの成果ポイントを通過します。「社員として就職する」という大きな目標があった場合、週3日のアルバイトは目標未達の状態でしかありません。しかし、ステップアップ方式の通過点であれば、アルバイトを始められたという達成感と、確実に前進している自分を実感できるわけです。この目標の立て方は、仕事を始めた際も役に立ちますし、必要ともいえます。

 

このような目標設定を、最初からご本人だけで的確に実行していくことは難しく、また、達成感を共有できる仲間もいません。かわぐちサポステでは、ステップアップ方式の目標を設定するお手伝いをしています。小さなステップを踏んでいくための各種講座も用意しています。また、保護者相談では、ご本人が就職に向けて進むために、保護者として、いますべきことを見つけるお手伝いをしています。

 

新しいきっかけが生まれやすい春のこの時期、かわぐちサポステで活動を始めてみませんか。

 

 

  

 

 

 

 

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/

若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/

※かわぐちサポステは、埼玉県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため、

お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお応えしています

 

 

 

kawaguchi_photo

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
/voice/3/">/img/voice/img-uservoice-03.png">/voice/3/">高校を中退してしまうと「働く」情報が手に入りにくい。S・Gさん 男性 21歳高校中退以来、コンビニや飲食店でのアルバイトをするが長続きしなかった。はじめてのハローワークでサポステのことを知る。現在は定時制高校に通いながら、アルバイト中。/voice/3/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/1/">/img/voice/img-uservoice-01.png">/voice/1/">一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。/voice/1/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/5/">/img/voice/img-uservoice-05.png">/voice/5/">再就職したいけれど、前職でのつらさからなかなか一歩が踏み出せなかった。K・Aさん 女性 25歳大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係や働くことに自信がなくなり、自宅で家事手伝い。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。/voice/5/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">