かわぐち若者サポートステーション

2014年8月7日

経験を自信につなげる「社会参加」

かわぐち若者サポートステーション(併設:若者自立支援センター埼玉)は、

就労に向かう準備のなかで社会と接点を持つことを大切に考えています。

 

毎月、理解ある企業のご協力により職場体験の場を設けていますが、

そのほかにも「社会参加」の機会があります。

 

そのひとつが、地元川口の商工会議所主催による

年に一度の大型地域イベント、「川口ストリートジャズフェスティバル」です。

 

川口フェスが始まった年からボランティア参加をして今年で3年目となり、

9月に今年の参加を控えています。下の画像は、昨年の開催の様子です。

 

川口フェス2013

 

当日は、サポステスタッフと利用者の方がイベントスタッフとして、

企業の方や地域の方と共に設営、人員誘導、チラシ配りなどから撤収作業まで、

さまざまなお手伝いをします。

 

「当日は、緊張で休もうと思っていた。自分にできることを精いっぱい頑張った。勇気を出して参加して本当によかった」

「ブランクがあることが不安だった。実践でたくさんの人と関わった経験が、最後の後押しになった」

「担当場所が一緒だった社長さんが気さくな人で、会社へのイメージが変わった」

「いつも完璧でなければならないと考えていたが、張りつめているだけでは続かないことがわかった」

 

昨年の参加者の方の感想をご紹介しました。どの方も参加前は大なり小なりの不安が

あったそうですが、参加してよかったと語る笑顔が印象に残っています。

今年の参加者の方からは、どのような感想が飛び出すのか、いまから楽しみです。

 

川口フェス2013b

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/
若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
/voice/1/">/img/voice/img-uservoice-01.png">/voice/1/">一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。/voice/1/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/5/">/img/voice/img-uservoice-05.png">/voice/5/">再就職したいけれど、前職でのつらさからなかなか一歩が踏み出せなかった。K・Aさん 女性 25歳大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係や働くことに自信がなくなり、自宅で家事手伝い。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。/voice/5/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/2/">/img/voice/img-uservoice-02.png">/voice/2/">履歴書に空白のある私は就職できないと思い込んでいた。K・Nさん 女性 24歳短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。就活したくても「履歴書のブランク」が気になるため、インターネットで調べてサポステへ。来所から半年経過。/voice/2/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">