「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 11:00~18:00
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2018年11月14日

流行語大賞の「この話はみんなにも通じますよ」感が嬉しいという話


こんにちは。ブログ担当のヤマザキです。
気付いたら2週間近く更新していなかったようで、ちょっと焦りました。
投稿が10月で止まっている…

決して書くことががなかったんじゃないです!
だって、毎日のようにたくさんのニュースが飛び交っているではありませんか!
......話題できることがあったかな汗

そう、ヤマザキは文章のうえでは結構饒舌に語ることができますが、人との会話は割とニガテ。
何となくオタク気質があって、興味がある話題だと話すぎてしまったり、逆に無関心だと本当にリアクション取れなかったり…
日々、なんてことない雑談というのに苦しんでいます。

そんな悩みを抱える僕にとってこの時期は割と心穏やかな時期です。
なぜなら、流行語大賞の候補が発表されたから。
全30ワード、みなさんはどれくらい知ってましたか?
今年は割とわかるものが多くて、比較的多くの人が共通の話題で盛り上がったのかな?と思っています。
(それだけ熱量の高いものが多かったともいえますが!)

流行語大賞が出るとしばらく安心します。
なんせ話のネタが膨大!
そういえば「半端ない」って夏はずっと言ってたなぁとか、
「ぼーっと生きてんじゃねえよ!」って知ってる?とか…

何を話したらよいか、通じるのかと悩んでしまう僕にとって、
流行語大賞は「この話はみんなに通じますよ」と誰かに後押しされた気になります。

そこにあるワードの話題はちょっと詳しく説明しても「そうなんだ~」と思ってもらえたり、
逆に知らないと「〇〇って流行してるの?」と聞いてみることもできます。

ちなみに僕がまったく知らなかったのは「グレイヘア」
1年間で流行語大賞で初めて出会った言葉でしたが、
周りに聞いてみると「確かに〇〇(雑誌)に載ってた!」みたいなことを聞いて、
「あぁ、自分とは違う年齢層や興味関心の人に流行ったんだ!」と気づかされたりします。

雑談苦手だなぁ~という方はよかったら流行語大賞のこと調べてみてくださいね!
知らない言葉をみつけたら自分で調べちゃう前に誰かに聞いてみると良いかも!
聞くから始まる雑談もたくさんありますよ!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP