「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 11:00~18:00
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2018年08月07日

川口でフェスやってるって知ってました?


とうとう夏の甲子園が開幕しました。
我らが埼玉代表、花咲徳栄高校が初優勝した99回大会からもう1年も経ったのかと、時の流れを感じます。高校生の1年間ってもっと長かったような…

さて、そんな球児たちに負けじと川口市で進んでいるイベントがあるのをご存知ですか?

その名も「川口ストリートジャズフェスティバル2018
ババーンと登場です!

「ジャズ」ってなんだね?という方もいるでしょう。
いや、聞いたことはあるけど、説明しろと言われると…という方もいるでしょう。
そんなあなたのために、はるか昔、音楽をかじった私が解説しましょう!

特徴はその音楽の強弱のつけ方にあります。日本の多く音楽が「強・弱・強・弱...」という拍子で曲が進んでいきますが、「ジャズ」は逆のリズムを持っているのです。
そして何よりも即興性!その瞬間で演奏者が感じた魂を音楽に乗せていくことで場を作り上げていく。それが真骨頂なのです!!

うーん、、結局、どういうことなんだ?と思われるかも...
要するに、よく耳にする音楽とはちょっと違う「演奏方法」の音楽ということです。つまり、どんな曲でも「ジャズ」として演奏できちゃうのが魅力であります。

では、なぜ「ジャズ」をテーマに川口でフェスが開かれているのだろうか?

それは「鋳物工場」で栄えた川口市には繁栄を願い行われた「初午太鼓」という音楽の風習があるからなのです。そして「ジャズ」の発祥の地、アメリカ・ニューオリンズも同じように「工場」が発展を支えてきた歴史があります。

「工場と音楽」
そんな共通点を融合し、生まれたのがこのイベントなのです!!

川口サポステも本イベントにチラっと関わらせていただいております。
主に裏方として、イベント運営を体験できる機会ですよ!

ご関心のある方はぜひ「川口フェスってどんなんですか?」とスタッフに聞いてみてくださいね!!
スタッフからも「川口フェスどうですか?」ってみなさんに聞いちゃいますよ!

それでは~

●川口ストリートジャズフェスティバル2018の詳細はこちら


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP