「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~39歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 11:00~18:00
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2016年05月19日

履歴書のブランク対策のために、ご家族ができること

お子さまが未就労の状態でいることで、その将来を心配されているご家族の方もいらっしゃると思います。今回のブログは、そんなお悩みを抱えるご家族の方に向けた内容でお届けしたいと思います。

 

不登校や学校中退、不本意な就職や体調不良などによる離職から、「履歴書の空白期間」(=社会的ブランク)ができてしまうと、ご本人は「面接でブランクのことを聞かれたらイヤだな…」と感じます。そして、だんだんと就職に向けて一歩を踏み出すことが不安になったり、イヤになってしまいます。

 

ブランク対策にはいくつか方法があるのですが、その前提となるのは、「ブランクを認めることができるかどうか」です。そして、ご本人がブランクを認めるにあたって重要になる要素が、わが子の現状に対するご家族の理解です。「好んで未就労の状況になったわけじゃない」というご家族の理解があるか、「いつになったら働くのか」と詰め寄るか、どちらがご本人にとって自分を認めやすい状況であるかは明白です。

 

ただし、今のまま(未就労のまま)であることを手放しで認めるわけではありません。タイミングを見計らうことが大切ですが、「就職して自立してほしい」という気持ちは伝えてよいのです。しかし、いま、ご本人にとっても不本意な状況を責める形になってしまうと、かえってご本人の自信ややる気を奪うことになります。ご家族から「アナタも辛いよね」と共感の姿勢を示していただくことで、ご本人が安心感を得て少しずつ動けるようになることが多々あります。

 

ブランクを認めることができれば、サポステで面接での想定問答をスタッフがご本人と一緒に考えていくことができます。実社会に出る第一歩は、たとえば、まず経歴があまり重視されない短期アルバイトに就いてみることであったり、一定期間の職業訓練に参加して「ブランク期間をストップさせる」ことだったりします。

 

いずれにしても、「ブランクのある自分」をご本人が認められるようになるには、ご本人が自宅で安心して過ごすことができ、自分の想いや考えを話せる環境が必要です。しかし、いろいろと試行錯誤をされてきたご家族の方から「もう、本人にどのように接してよいかわからなくなってしまった」という切実な声もよくお聞きします。

 

そこで、かわぐちサポステでは、ご本人をサポステ、または適切と思われる機関につなぐお手伝いとして、保護者相談を行っています(併設の埼玉県事業「若者自立支援センター埼玉」のプログラムとして、年間を通して月に1度、県内各地を巡回する保護者セミナーなども開催しています)。

 

かわぐちサポステがどのようなことができる場所なのか、知っていただく機会として月に一度、「利用説明会」(説明会に触れたブログ記事はコチラをクリック)を開催しています。5月30日、6月30日に開催があります。まずはご家族の方からサポステへ来所されてみませんか。

 

 

 

かわぐち若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/

若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/

※かわぐちサポステは、埼玉県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため、

お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお応えしています

 

 

 

kawaguchi_photo

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP