「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 11:00~18:00
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2018年09月25日

仕事感はイロイロ。大事な3つの「L」


映画ばかり見ている広報担当ヤマザキです。
今年の夏、映画界に旋風を巻き起こした「カメラを止めるな」ですが、実はロケ地が川口だったことを知りました。
1作の製作費が億単位のものが多いなか300万円で作られたといわれています。モノづくりがお金だけでは語れないということを思い知らされますね…

私自身は面談やセミナーを中心に行っているスタッフではないのですが、昔、スタッフから聞いた「働く」ことの3つの観点を教えてもらいました。いろいろ検索しても出てこなかったのでもしかするとその方の持論なのかもしれません。

その方は働くことには「3つのL」のバランスが大切ですよというお話をしていました。
「3つのL」というのは、
●LIKE(趣味・好きなこと)
●LIFE(熱意や想いの強さ)
●LIVE(生活を維持するために必要なこと)
というもので、自分が仕事に向かうにあたりどんな心もちいるのかというお話でした。
(調べるともともとはRice,Like,Lifeみたいなので、やはりその方の持論に近いかも)

私の場合、今のお仕事はLIKEやLIVEの要素よりはLIFEに少し偏ったメンタリティで仕事をしています。
もちろん、広報という仕事は好きですし、生活のために働くということも大切ですが、この仕事を続けていくという意味では、少しでもサポステのような機関の存在をたくさんの方に知ってもらえれば、悩んだときに相談できるようになるといいなぁという想いの方が強いです。

自分がお仕事を選ぶとき、選んだあと、そしてそのタイミングごとにこのバランスは変わっていきます。
気乗りしない仕事のときには「生きていくため…」とLIVEの要素が強まったりしますし、お給料が少なくても自分にとっては楽しくできる仕事ならばLIKEが強くなります。

最近は副業解禁なんてお話もでていて、ひとつの職場でこの3つのバランスを保てなくてもさまざまな形でバランスよく人生を歩んでいくこともできるようになってきました。「働く」理由なんて言ってしまうと強くなってしまいますが、「働く」ことを自分の中で整理していくとき、3つのLを念頭においておくと整理しやすいかもしれません!

●こっそり告知●

10月13日(土)にかわぐちサポステのセミナー「働くって何だろう…?」が開催されます。
人はどうして働くのだろうか?
そもそも働かなきゃいけないのかな?
と、「働く」ことへの素朴な疑問を一緒に考えましょう。

お申込みは下記お問合せ先からお願いします!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP