かわぐち若者サポートステーション

2017年06月25日

人生に役立つ?!「3つの心がまえ」

今回のかわぐちブログは、コミュニケーション講座「もう一歩前進講座」の担当講師 がお送りします。 

 

突然ですが、他人の生活が、キラキラ輝いて見えませんか?(いわゆる「リア充」というやつですね)  

SNSでは、他人の生活が手に取るようにわかります。
友人や親戚や家族から「〇〇さんは今××で働いてるんだよ」などとウワサ話を聞いて、胸がざわついたりしませんか? 

他の人が熱心に活動する姿を見て、「よし、私も頑張ろう!」と「他人の良いところをマネよう」に結びつくといいのですが、「ああ、この人とくらべて私はできていないなぁ」と落ち込んでしまう。
精神衛生上、よくないですよね。 

 

「もう一歩前進講座」は、「他の人にわかりやすく、簡潔に要点を伝える」をテーマに、スピーチの練習する講座です。 

スピーチの上達も大事ですが、実は、もっともっと大事なことを、毎回お伝えしています。
名づけるなら、「3つの心がまえ」です。  

 

1.『他人とくらべるのはやめよう。くらべるのは過去の自分と成長した今の自分』 

2.『他人の良いところはマネよう。「学ぶ」は「マネる」から来ている』 

3.『良い点と課題点、両面から見よう』 

 

この3つ、この講座の中だけの「心がまえ」ではなく、大きくくくると、「人生の心がまえ」かもしれないと、私は思っています。  

中身は当たり前のように見えますが、なかなか実行は難しいものです。 

 

 私自身も、「あの人とくらべて、私はダメだなぁ」と、落ち込んでしまうことがよくあります。  

 そんな時は、考え方を切り替えます。
昨日できなくて今日できたこと、先月できなくて今月できたこと、を思い出します。 

私は英語を勉強しているので、「昨日は全然勉強できなかったけど、今日は30分やったぞ」など。
小さなことでもいいので、自分を認めてあげること。  

 

「 3つの心がまえ」が意識できて、スピーチも上達したら、『もう一歩』どころか、2歩も3歩も前進です。  

今、自分にできることから。一緒に「もう一歩」前進しませんか? 

 

 

かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/ 
TEL:048-255-8680 
(いただいたお電話には「若者自立支援センター埼玉です」と名乗っています) 

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳 高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。 詳しくはこちら
履歴書に空白のある私は就職できないと思い込んでいた。 K・Nさん 女性 24歳 短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。就活したくても「履歴書のブランク」が気になるため、インターネットで調べてサポステへ。来所から半年経過。 詳しくはこちら
高校を中退してしまうと「働く」情報が手に入りにくい。 S・Gさん 男性 21歳 高校中退以来、コンビニや飲食店でのアルバイトをするが長続きしなかった。はじめてのハローワークでサポステのことを知る。現在は定時制高校に通いながら、アルバイト中。 詳しくはこちら
PCが使えると選択の幅が広がる。無料で初心者OKの講座に感謝。 Y・Mさん 女性 25歳 高校卒業後、食品加工の会社に勤めるも、体力が続かず半年で退職。その後はアルバイトをしていた。事務系の仕事を希望し、PC講座を目的にサポステに来所。 詳しくはこちら
再就職したいけれど、前職でのつらさからなかなか一歩が踏み出せなかった。 K・Aさん 女性 25歳 大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係や働くことに自信がなくなり、自宅で家事手伝い。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。 詳しくはこちら