「働く」に不安を感じたら、かわぐち若者サポートステーションへ

かわぐち若者
サポートステーション

かわぐち若者サポートステーションは、職業的自立のための総合相談窓口です。
15~44歳の方を対象に、無料でご利用いただけます。

プライバシーポリシー運営団体(NPO法人 育て上げネット)について

〒332-0015 埼玉県川口市川口3-2-2 川口若者ゆめワーク3階
オープン 11:00~18:00
休館日 日・祝日(年末年始)

ブログ

ブログ

かわぐち若者サポートステーション

2018年10月20日

オフィスがキレイになった話

ブログを書いているとき、最も悩ましいのはこの冒頭の文章を考えること。
1日で3~4本くらいの原稿をまとめて書いて予約投稿しているので、限界が...
(ちなみにこれは9日に書いてます)

さて、利用されているみなさんでも気づかないことですが、今年の川口サポステでは激変が起こっていました。
それはオフィスのデスクが全部入れ替わったこと。

今まではいわゆる会社にあるデスクって感じだったのですが、最近は明るい木目調の簡易なテーブルを並べています。

いろいろデジタル化が進んで、紙の資料もだいぶ減ったので、それぞれの机に収納がある必要もなくて、筆記用具は共有すればよいとなってくるとスッキリしました。
そして何より明るい…グレーのオフィスデスクだったのですが、部屋全体が暗い印象を与えていた事実に衝撃を受けました。

日常って意外と簡単に変わるのだなと考えさせられます。
たかが机…って最初は思ってましたが、他のスタッフとの距離感も変わるし、動線も変わります。明るくなると出勤してきたときの気分もちょっと違います。

あまり変わらない日々を過ごしているな…とおもったときには、模様替えをしてみたり、いつもとちょっと違う道でサポステに来てみたりすると意外な心持ちの変化があるやもしれませんね。


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)

2018年10月16日

23日のぷれサポはアナログゲームの日

予約なしでも利用できるプログラム「ぷれサポ」はその日集まったメンバーと楽しめるコンテンツを用意しています。
毎月4週目のぷれサポは「アナログゲームの会」として、ブログ担当ヤマザキの趣味をフル活用したコンテンツを実施しています。

いろいろなゲームをやってきましたが、今月もみんなで遊べるものをいくつかセレクトしていきますので、お気軽にご参加くださいませ!
ボードゲームの本場、ドイツで作られたゲームを体感してみたい!という方もお待ちしております!

これまで遊んできたゲームはこちら!
これやりたいんだけど…というものがありましたらスタッフまでリクエストをお願いします!

なつのたからもの

縁日、虫取り、海水浴、かき氷......夏らしいものって挙げるときりがない。
そんな”夏らしさ”をテーマにしたカードゲーム。
10色に分かれた”なつのたからもの”を集め、ポイントを重ねていき、最もたくさんのポイントを獲得した人の勝利です。

ルールはとっても簡単で、ゆっくりとプレイするのが楽しむコツ。カードに沿った思い出でも語りながらワイワイとプレイしましょう!

海底探検

7月のアナログゲーム会でもプレイした(非)協力型、宝集めゲーム。
古い潜水艦はみんなで酸素を共有。

他のプレイヤーより深く、そしてより価値のある財宝を集めましょう

ラミィキューブ

新しく入荷(笑)のゲームです。
マージャンのような数と役をそろえる数的ゲーム。
限られた時間の中で自分の持っている牌と場に出た牌を組み合わせよう!

コリドール

コマを1マス進めるかフェンスで相手の進路を妨害するかを選択し自分のコマをより早く向かい側のゴールまで進めるゲーム。
相手や自分の選択次第で刻々と戦局が変化するので、1つの判断ミスが致命傷になることも。
ゴールまでの距離を測りつつ相手の出方に応じた適切な対応=戦略的視点が勝負の分かれ目。

グリュックス

電力会社として、部屋に明かりをともすゲーム。
プレイヤーはゲームボード上の「部屋」に明かりチップを置いていきます。うまく明かりチップを配置して、多くの部屋でほかのプレイヤーより多くの明かりをともすことができたプレイヤーの勝ちです!

センチュリーゴーレム

ちょっとルールが複雑ですが、綺麗なクリスタルを扱う本格ボードゲーム!
すこし慣れている方におすすめ。
あなたは商人となってクリスタルの売買を行ないます。
その目的は「ゴーレム」を手に入れること。
他のプレイヤーたちに負けず、より「価値の高いゴーレム」を集められた人が勝利です。

ブロックス

三角形のピースを盤面においていくだけのシンプルなゲーム。
ルールはたったひとつ、置いてあるピース同士が点(角)でつながっていること。
囲碁のような陣取り要素がありますが、誰にでも、簡単にできるゲームです。
普段ゲームとかやらないかたにもおすすめ!

2018年10月12日

ノーベル賞に学ぶ「評価を受ける」ということ

毎日のようにたくさんのニュースが出て、世間の流れはずいぶんと早いなぁ…なんて感じています。
先週の出来事がなつかしく感じてしまうような…笑

6日に本庶佑さんがノーベル賞を受賞しました。
がん細胞を攻撃する免疫細胞にブレーキをかけるタンパク質「PD-1」を発見といった形で評価されていますが、本庶さんのwikipediaなど見ていくと最初に論文を出したのは1992年のようでした。

その後も多大な貢献をされてきたことも含めての受賞ですが、なんと25年もの時間をかけてきてやっとこれだけの認められてきたのだなぁ…と思うと、本当に偉業なのだなと感じます。

思い返すと、人から評価を下される機会はあまりないですね。
自分がどんなことが得意なのかとか、褒められる技術やスキルとか、そういうことって自分だけでは自信を持ちにくいですよね…
ちょっと詳しくなると「もっと上がいる」と気付いて、余計に主張しにくいことがあったり…

僕は昔から、パソコンが好きで子どもの頃から身近でしたが、プログラミングみたいな専門的なことはやったことなく自信をもって「得意です」ということはありませんでした。
それでも今、困っていそうな人に声をかけたりするのは、周りから「パソコン詳しいね」などと言われていくうち、「そうか、人に教えたりしてよいのか」と周りから評価されてきたからなんですよね。

サポステでは面談やグループワークを通じて、周りの人から「評価を受ける」ことがあります。
それは悪い意味ではなく「私ってそういう人間だったのか!」と気づく機会で、誰かに言われることで信じられるものになっていくものです。
自分ってどういう人間なんだろう…?って方もお待ちしております!!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座 採用が決まった方はこちら 進路決定届のダウンロード

利用者の声

PAGE TOP