ちょうふ若者サポートステーション

2017年3月23日

働いていなかった期間(ブランク)をどう説明すればいい??

2月と3月は一年なかで一番求人が増える時期と言われます。
4月は新年度です。春ですし、「4月には働いていたいです」と話す利用者さんも結構います。

 

でも、働いていない期間(ブランク)があるので、面接官にどう説明したらいいものかとても不安で、応募を躊躇してしまうというケースをとても多く目にします。どんなふうに説明すればいいのでしょうか。

 

「こう話せばうまくいく!」といった型はないと思うのですが、重要なのは面接官に経緯をきちんと伝えることだと思います。

 

以前の自分(一歩行動できなかった過去の自分)と、今の自分(面接を受けに来ている現在の自分)とは同じではありません。前向きに変化しています、と伝えます。

 

「働いてなかった期間は何してたの?」と質問されると、つい、「〇〇〇していました」と答えてしまいそうですが、質問する側としては、働けなかった理由や、いま働ける状態なのか、これから働き続けられるのか知りたい、と思っているのではないでしょうか?

 

働いていない期間(ブランク)の説明には、過去⇒現在⇒これからと順を追い心境の変化や行動してみて気づいたことなどの情報も含め伝える必要があると、ブランクの説明方法に悩む方と接してきて感じます。

具体的に説明の流れをご説明します。

 

あまり人には知られたくないだろうと思うことも、きちんと誠実に話してくれる人には好感を抱きます。

 

面接は一緒に働く仲間を探す場でもあります。働いていなかった期間は就労経験が途絶えている状態とも言えますが、変えられない過去を相手がどう思うだろうと悩むよりも、面接を受けている今の自分にスポットを当てて相手に伝えてみるのはどうでしょうか。


ご利用は予約制です。まずはお電話ください。
☎042-444-7975(水・日・祝・第3月曜日を除く10時~18時)
ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/

 

 

 

 

2017年3月3日

「できないこと」ばかり目についてしまう方へ

 

 みなさん、2月12日に公開されたAKB48の前田敦子さん主演の 

映画「サポステ」をご存知でしょうか? 

約10分間の短編映画で、期間限定でWEB公開しています。 

個人的には、この映画を観て、内容よりも周りの風景にばかり目が行ってしまいました。 

人物の周りに映っていたいろいろな場所が、 わたしの生まれ育った奈良の風景だったからです。 

因みに、この映画の監督である河瀬直美さんも奈良県出身だそうです。 

 

 わたしがこの映画を観て感じた事は、 

できないことに対して嘆くのではなく、できることを見つけて実行することの大切さでした。 

 

映画「サポステ」http://saposute.mhlw.go.jp/movie.html 

 

仕事をする上で、

 『CAN:できること』

 『MUST:やらなければならないこと』 

 『WILL:やりたいこと』

のバランスが大切だと言われています。   

 

 その『できること』を見つけるお手伝いをするところがサポステです。 

サポステに相談に来て最初の頃は、自身のできないことばかりを話すことが多くあります。 

   しかし、いろいろな講座に参加したり、面談を受けたりしていくうちにだんだんと 

自分のできることを見つけることができるようになり、少しずつ自分に自信を 

持てるようになっていきます。 

 

 物事、自分ひとりだけで考えているだけでは、なかなか進まない事でも 

人に相談することで視点がかわり、進んでいく事も多くあります。

 サポステで『できること』を一緒に見つけてみませんか? 

 「サポステがどんな雰囲気の場所か見てから利用を決めたい」 

という方は、 月に一度、開催している【サポステ見学会】への参加をおすすめします。  

 開催スケジュールはこちらをご参照ください。 

 http://www.sodateage.net/yss/chofu/schedule 

 

 
 随時、お電話でサポステについての詳しい説明も行っています。

  まずは、お気軽にお問い合わせください。皆さんからのご連絡をスタッフ一同、お待ちしています。 

  
  TEL 042-444-7975  

 
 お電話については、10:00~17:00〔水・日・祝・第三月曜日・年末年始を除く〕の 

 時間で受け付けております。  
 

 ちょうふ若者サポートステーション 

 http://www.sodateage.net/yss/chofu/ 

 

2017年1月25日

「ぶらり移動」のすすめ。

朝の深大寺へ行くのが好きです。

 

とくに雪が降った朝の深大寺は、空気が冷たく澄み渡り、
ピンと張りつめ、気持ちが洗われるようです。

 

日がのぼりだすころ、参道にあるお蕎麦屋さんが仕事を始めだすと、
お出汁の良い香りがしてきます。
職人さんは蕎麦を打ち、お客様を迎える準備をしています。
東京とは思えないほど、時間がゆっくりと流れているように感じます。

家にいると「あそこの片づけが済んでいなかった」
「メールの返信をしなくては」などと、小さなことが気になってしまいます。
そのため、気持ちを切り替えたいときには深大寺に行きます。
「就活に行き詰まった」ときにもそんな気持ちの切り替えが次につながることがあります。

 

知人の息子さんの話です。
昨年の春、大学生の息子さんは面接で上手く行かず、就職活動に行き詰まり、
約1か月間、何もせず自分の部屋からほとんど出なかったそうです。

 

今後どうするのだろうか?と知人をはじめ周りは、心配していました。

 

すると、しばらくたったある朝、息子さんがふらっと居なくなり、
夜遅く帰って来たかと思うと、すぐにエントリーシートを書き始めたそうです。

 

その日のことを家族が尋ねると「自転車で羽田空港に行って、
飛行機をみてきた」と答えたそうです。
知人は息子さんにそれ以上、詳しくは聞かなかったようですが、
動き出すきっかけになったのは、間違いないと話してくれました。

 

違う風景を見る。
いつもと違う人に会う。
いつもと違う場所に行く。

 

遠いところまで行く必要はありません。
行ったことのあるところでも構いません。
気持ちの切り替えを簡単にするには
どこかに行ってみるのもオススメですよ。

 

ちょうふサポートステーションに「ぶらり移動」してみませんか。
就職活動にむけて、次に進んでみようかなと
思えるきっかけになるかもしれません。

 

是非お気軽にご予約ください。

 

ご利用は予約制です。まずはお電話ください。
☎042-444-7975(水・日・祝・第3月曜日を除く10時~18時)
ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
PCが使えると選択の幅が広がる。無料で初心者OKの講座に感謝。Y・Mさん 女性 25歳高校卒業後、食品加工の会社に勤めるも、体力が続かず半年で退職。その後はアルバイトをしていた。事務系の仕事を希望し、PC講座を目的にサポステに来所。詳しくはこちら
高校を中退してしまうと「働く」情報が手に入りにくい。S・Gさん 男性 21歳高校中退以来、コンビニや飲食店でのアルバイトをするが長続きしなかった。はじめてのハローワークでサポステのことを知る。現在は定時制高校に通いながら、アルバイト中。詳しくはこちら
履歴書に空白のある私は就職できないと思い込んでいた。K・Nさん 女性 24歳短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。就活したくても「履歴書のブランク」が気になるため、インターネットで調べてサポステへ。来所から半年経過。詳しくはこちら