育て上げブログ

運営する事業所

2019年02月27日

「どうしたら良いのか..」と詰んでしまったときはサポステに


NHKのサイエンスZEROという番組があります。
最新の科学をトピックに毎週、興味深い特集が組まれています。

先日の「暗号」の回は不安と可能性を感じさせる放送でした。
私たちが使っているインターネットのサービスでは会員登録をして、ログインが必要だったりすると思いますが、そのときにパスワードを求められたりしますよね。それが「暗号」です。

現在は「素因数分解」という数学を使われているそうです。
面白いのは「現代技術でそのパスワードを解析がどれだけ難しいか」というのが大事なんだというところ。

その番組では600桁の数字を「素因数分解」して2つの数字を錠前と鍵として分けて活用するのだそうです。600桁を2つの数字に分けるというのは現代 PCの処理能力でできないわけではないけれど難しく、時間がかかるのだそう。

それが新しい技術「量子PC」の開発が進んでいくと一瞬で解析できるようになってしまってこのままだと世界中の「暗号」が無意味になってしまうんですって…
怖いことですよね…

それを解決するべく、世界中の数学者たちがあつまって新たな暗号を考えているという話でした。
「格子暗号」というのがその一案になっているのだということが続くのですが、前置きが長くなるので、詳しくは調べてみてください。

私はこの番組をみていて、ちょっと目から鱗でした。
それは危機的な状況が迫っている事実に気づいていなかったこと、そしてそれに立ち向かっている人たちがすでに大勢いるということです。

「働く」ということへの悩みや辛さは、深刻に捉えてしまうものですから、どうしたら良いのかわからなくなるということがあるかと思います。
そういうときは数学者たちが新たな暗号を作るように、みんなでその悩みと向き合って進むことができるようにしています。

もはや手一杯だ…と感じている方は、最初のきっかけでも結構ですからサポステにお問い合わせしてみてくださいね!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


ページトップへ