育て上げブログ

運営する事業所

2019年01月15日

「やろう」と思ったことが驚くほど手につかないという悩み


2018年→2019年。
30歳を間近に控え「思ってた30歳と違う!!」と嘆き始めたヤマザキです。

平成最後の年末年始は意外と休みが取りやすい設定になっていて、4日(金)を休みにすると10連休になるスケジュールでした。
ここぞとばかりに意気込んで、あれをやろう、これをやろう…と考えていた結果、特になにもしない日々を過ごしました。
人間なんてそんなものよ…と言い聞かせ、2019年を緩やかにスタートしています。

意志を強く保つのは難しいことですね。
そして、不思議なことにやろうと思っていることより、やらなければならないことの方がサクッと進められるんですよね。

大掃除面倒だなぁ…と思いつつ、
「終わったらビール…終わったらラーメン…」とエサを呪文のように唱えていたら意外と終わりました。
ゴールがはっきりしていて、終わりがみえていたから早い段階で諦めがついたのかもしれません。

ただ「やろう」と思っていたことは、これがまた驚くほど進まない。
そもそもほとんど手についていません。膨大に積読された本たちは相変わらず卓上に鎮座しています。

大してやりたいことでもなかった大掃除はすんなりできて、なぜ意欲的だった「やろう」が進まなかったのか…
年末年始、自らの行いを反省。
今回は「やろう」が多すぎたのではないかという答えに至りました。

優先順位をつけずに、自分の中で羅列だけしていたので結果ほとんど進まないままだったのではないかと。
10日もあっても、実家に帰ったり、友人との時間だったりと自分に割ける時間はあまりなかったわけです、、
にも関わらず「10日もあれば何でもできるぜ!!」と気持ちだけが膨らんでいたんですね。

平成最後の年末年始から、また新たに「自分との付き合い方」を学んだ気がします。

2019年は改元による10連休がもう1回ある年。
つぎは新たな年号と共に良い形で「やろう」を進められるよう冷静に考えて進めてみようと心に決めたのでした…

一体何を伝えたいブログだったなのか…そう問われると苦しいところもありますが、、

「仕事」や「働く」に至るまでにはさまざまな物事があるものです。
ただ、「やろう」と思っても意外と手につかないことが多いのです。
サポステではどうしたら「やろう」を進められるか考えるスタッフや、同じような境遇の方も集まっています。
「やろう」がうまく進まない方は顔を出すだけでも来てみてくださいね!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


ページトップへ