育て上げブログ

運営する事業所

2018年11月29日

N氏に教わろう!「事務職のリアル」


11月も末。
師走です。師匠(僧)が走り回るほど忙しいということ意味から来ているとのことです。※諸説あり
最近の12月はクリスマスに向けてしのぎを削っているビジネスマンたちの忙しさが目立ちますね。11月からすでにツリーを飾っていたり…

年末が近づくと今年度も残すところわずかになって経理や事務といったお仕事が目立つようになります。
日本は会計年度が3月末で終わることが多いですから、決算に向けてある意味で繁忙期かもしれません。

事務や経理というと、なんとなーく営業職のような表立った業務よりは重くなさそうに感じます。
英語で事務というと「オフィスワーク」と言われることもあるくらいで、オフィスの中でできる印象もあります。

以前、事務や経理の仕事を経験したスタッフのN氏に聞いてみました。
「事務ってぶっちゃけ気楽なんですか?」

N氏は沈黙のあと「事務の世界を現実を教えてあげよう…」とおもむろに語ってくれたのです。
僕はすぐに考えを改めることになります。
ぜんぜん気楽じゃないですか…!!

思えば、お仕事をしていると、たくさんのバックオフィスがあります。
お金の管理をしている方もいるし、営業のサポートとして書類を作っている仕事もあります。
在庫管理や電話対応なんかもあるし、郵送物の処理なんかもあります。

そして会社の信頼という部分にも関わっているお仕事なんだなと思うのです。
お金のことなんかは1日遅れるだけでも相手を不安にさせてしまいますし、お給料の支払いなんかは万が一遅れてしまったら社員からの反感を買ってしまうことも…
決して、気楽だということはなくて、他の職種と変わらない責任感と気遣いが必要な働き方なのだなぁ…

かわぐちサポステでは「簿記入門セミナー」として、そんな事務のお仕事の世界についてリアルなお話も交えています。
事務職ってどういう仕事してるのかな?
自分には向いているのかな?
そんな気持ちの方はぜひ、受けてみてくださいね!


かわぐち若者サポートステーション (併設:若者自立支援センター埼玉) 
TEL:048-255-8680 

川越にサテライト(出張所)ができました!
(↑川越市のページにリンクします)


ページトップへ