育て上げブログ

運営する事業所

2017年03月30日

面談ではどのようなことを相談できるの?

コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)では、キャリアコンサルタント、臨床心理士、企業人事経験者など、専門のスキルを持ったスタッフが面談でお話を聞いています。今回は、面談ではどのようなことが相談できるのかをご紹介します。

就職するために方向性を明確にしていく面談

「就活って、何をどう始めたらよいか分からない…」「就活をする前に、コミュニケーションの課題を克服したい…」など、スタッフが来所した方の話をじっくりと伺い、課題を一緒に考えます。また、普段の過ごし方、職務経歴などの整理も行い、自分自身について理解を深められるようにサポートします。興味のある業種や職種があったら、お伝えください。さまざまな職務経験のあるスタッフが在籍しているので、よりリアルなアドバイスができることもあります。求人応募の計画を立てられたら、次は実際の応募に向けて進みましょう。

求人への応募の対策をしていく面談

求人応募では、履歴書の書き方と採用面接で不安を感じる方が多いです。「自己PRや志望動機を書くことが出来ない」という方は、話合いの中で、今までの出来事を掘り下げていくと、興味や強みが見えてくることがあります。それらを応募先の企業が求めていることと照らし合わせて文章にできるようにサポートします。「面接が苦手でどのように話したらよいか分からない…」という方は、求人票を基に模擬面接を行います。こうした体験を通して慣れておけば、落ち着いて受け応えができます。実際に面接を受けた後には振り返りを行います。もし残念な結果だったとしても、次の面接への準備ができます。

就職後お仕事を続けていくための面談

上司・同僚との人間関係、職場での人との距離の取り方、仕事への取り組み方などの職場での悩みについて、前向きに仕事を続けられるようスタッフがアドバイスをします。

【実際に面談を受けている30代半ばの男性の感想】

私は、元々人付き合いが苦手だったのですが、コネクションズかわさきで面談を受けて、少しずつ克服することが出来るようになりました。それは、スタッフの方が親身になってじっくりとお話しを聞いて下さるからです。また、面談で得ることが出来る情報は、インターネットやSNSなどでは得る事が出来ない、スタッフとの双方向のコミュニケーションにより得る情報なので、納得感を得ることが出来て、就職に向けて前へ進めました。そして、自身の欠点について話した時は、スタッフの方からの指摘で「思い込みにすぎなかった」と気づき、異なる視点からアドバイスを頂くことで視野が広がり、より自己理解が深まりました。

専門のスタッフに相談することで、前に進めることがあります。興味を持った方はぜひ電話で問い合わせください。

コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)
http://www.sodateage.net/yss/kawasaki/
TEL:044-850-2517

ページトップへ