育て上げブログ

2017年02月16日

ITスキルで働く自信を – ジョブトレIT体験説明会を実施しました。(2月)

若年者就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」ではITに特化してプログラミングを学び、インターンを通して働く自信をつける4ヶ月のプログラムを実施しています。

このプログラムに関心のある方々に向けて、プログラミングとビジネスマナーの講座体験に参加することができる説明会を実施しています。

 

1時間でプログラミングを体験

2月に行われた体験説明会は総勢6名の方にご参加いただきました。

実際のジョブトレITでは1ヶ月かけてじっくりと講座を行なってプログラミングの基礎から学んでいただきますが、体験では1時間でその要素を楽しむことができる「hour of code(アワーオブコード)」というものを実施しています。

 

「hour of code」ではマインクラフトというゲームの世界観を使って実習をすることができます。本来はプログラミング用の言葉を使って打ち込んでいく必要がありますが、このソフトではパズルのように命令をはめ込んでいくと、その通りにキャラクターが動き出します。ほとんどがマウスの操作でできるので、パソコンが苦手だという人でも簡単に体験できます。

 

今回参加された方からは

「プログラミングの体験が初めてだったので、少しばかり不安だったが、意外と楽しめたので良かったです。」

といった声をいただきました。

 

ビジネスマナー体験 - あいさつ・電話対応編

プログラミング体験を行なった後には、ビジネスマナー講座を実施しています。IT業界はパソコンに向かって作業をすることが多いですが、もちろん、お客様とのコミュニケーションも必要になります。そのため、仕事の「基本」として練習を行なっているのです。

体験説明会で行なっているのは「あいさつ」と「電話対応」のふたつです。

 

「あいさつ」はお客様への対応はもちろん、上司や先輩、同僚と一緒に仕事をしていく上でとても大切なことです。ビジネス体験があっても忘れがちな重要な外出、帰社したときなども含めて行います。

 

「電話対応」は多くの方が苦手なことのひとつではないかと思います。顔が見えず、どのように話せば良いのかというところでも難しさがあります。体験では、仕事中によく発生する「上司に電話を取り次ぐ」「上司が不在のときの対応」といった設定を使ってロールプレイをしてみます。用意された原稿を読むところから始めるので、不安な方もまずは読み上げることから始められ、どのように話したらいいか、喋り方の基本を学ぶことができます。

 

今回参加された方からは

「必要性を感じることが出来た。慣れるまでは緊張して失敗しそうと不安になる。」

といった声をいただきました。

 

ビジネスマナーは知っているだけで不安が減っていきます。また、練習を重ねることで緊張もおさまっていくので続けていくことが大切です。ジョブトレITでは4ヶ月の間の生活や講座を通して学ぶことができるので、しっかりと身につきます。

 

3月からプログラムが始まります

3月からジョブトレITの新しい期間が始まります。ご関心がありましたらまずはお気軽にお問い合わせください。また、体験説明会は月に1度、第3水曜日に実施しています。次回3月も実施の予定ですので、そちらへのご参加もお待ちしております。

<お問い合わせはこちら>

育て上げネット ジョブトレIT <平松・横田・古賀>
TEL:042-527-6051 (祝日除く月曜~金曜 9:00~18:00)

●ジョブトレITプログラムの詳細はこちら

●体験説明会の実施スケジュールはこちら

ページトップへ