育て上げブログ

運営する事業所

2016年12月27日

IT業界について理解を深める「はじめてのSE講座」

 コネクションズかわさきでは、企業や行政機関などの協力を得て、多様な「しごと体験」講座を提供しています。今回は、IT業界に興味のある方に向けた「はじめてのSE講座」をご紹介します。

【講義を通してIT業界で働くために必要な基礎的な知識を学ぶ】

 計4回の講義が行われました。IT業界で求められる基礎的な知識から、仕事への取り組む姿勢まで幅広く理解を深めていきます。具体的に学んだことは、情報のデジタル化、システム設計の現状、データベースやネットワークの知識、情報セキュリティ、実際に世の中にはどのようなシステムがあるか、ITビジネスの変遷と今後の展望、社会人基礎力などについてです。

【実際にIT企業に行き働く現場を見学する】

 講義で学んだ知識を土台にして、企業に伺い、直接話しを聞いたり、プログラミングをしている現場を見学したり、実際に業務の一部を体験したりしました。具体的には、SE/プログラマーとして働くために必要なこと、コミュニケーション研修、上司/顧客に信頼される人物像とは、EQ(こころの知能指数について)、プログラミングの現場見学、JAVAのプログラミング体験、バグを見つける体験などを行いました。またIT企業の社長と一緒にランチをとって、話しを聞いたりもしました。

【体験に参加した方の感想】

 研修の参加前は、書類の準備、ビジネスマナー、働くことのイメージをもてないことから、不安や緊張がありました。しかし思い切って参加させていただくと、和やかな雰囲気の中で研修が進み、質問にも真摯に答えていただいたのでリラックスして参加できました。内容も、会社説明、ビジネスマナー研修や応募書類の書き方もあり、今後の自分の課題も見えて、大変勉強になり、気持ちも前向きになりました。 
【20代男性】

 SEの仕事に興味はありましたが、以前は福祉業界での就業を目指していたために、具体的な仕事に対するイメージがありませんでした。この講座に参加して、実際に製品を作っている現場を見学することができ、JAVAを利用した技術研修、伝言ゲームを通したコミュニケーション研修、社長との会食などをさせていただきました。体験に参加する中で、チームワークが大事なことをはじめ、IT業界の仕事に対するイメージを深めることができたのはよかったです。 
【20代男性】

 コネクションズかわさきでは、「はじめてのSE講座」以外にも、実際に職場で働くことを体験できる「しごと体験」を多く行っています。しごとを体験してみることで、今まで気がつかなかった仕事への興味や適性、向き不向きが分かることがあります。しごと体験は、ITの仕事の他にも、警備、スーパーでの品出し、介護、区役所での事務、工場内での製造、スキャニング(書類の電子化)など充実しています。しごと体験に興味を持たれた方は気軽に電話でお問い合わせください。

コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)
http://www.sodateage.net/yss/kawasaki/
TEL:044-850-2517

IT業界について理解を深める「はじめてのSE講座」

ページトップへ