育て上げブログ

運営する事業所

2016年12月26日

再就職の前に「就活準備期間」を-利用者アンケートより

「急いては事を仕損じる(せいてはことをしそんじる)」ということわざがあります。
何事も焦ってやると失敗しがちだから、急ぐときほど落ち着いて行動しましょう、という教えですね。これは、退職後に再就職を目指す時にも言えそうです。

 

 %e3%81%84%e3%81%9d%e3%81%8e%e3%81%82%e3%81%97

 

現在、医療事務で働くOさんは、10代のころに病気にかかり何度も手術を受けました。その後も体調が安定せず思うように働けない中、「焦る気持ちばかりが勝っていた」そうです。体の回復が十分ではないのに体力勝負の仕事ばかりを選んでは、すぐに辞めることを繰り返していました。
しかし、病院からの勧めで就労支援施設を利用し始めたことで、徐々に落ち着きを取り戻したOさん。その後、サポステに通いながら「就活準備期間」(就職活動に入る前の準備期間)を過ごすうちに、自信を回復していきました。

 

 

お仕事に就かれたOさんがアンケートに答えてくれたので、ご本人の了承を得てその一部をご紹介します。

 

〔ちょうふサポステアンケート Oさん 女性 25歳〕

 

――現在の仕事について教えてください
都立の病院で医療事務の仕事をしています。
診療受付部に所属し、主に窓口業務、初診手続き、保険の変更、ご案内などを行っています。

 

――就職活動を始めるまでにどのくらい時間がかかりましたか?
前の仕事を辞めてからサポステに来るまで1年4か月、サポステに来てから応募を始めるまで5~6ヶ月です。

 

――サポステ利用前はどんな状況でしたか?
病気をして自信も体力もなくしていました。そんな自分が嫌で焦る気持ちばかりが勝り、よく考えもせず体力勝負の飲食業や保育補助の仕事を選んで、職を転々としていました。今思えば無茶なことです。どれも長続きしませんでした。そんな中、病院のケースワーカーの方が就労支援施設を紹介してくださり通所を開始。そこで自信と体力がつき始めた頃、サポステを紹介して頂きました。

 

――サポステを利用して良かったことは?
定期的にサポステに通いセミナーや講座に参加したり相談に乗って頂いたりして、少しずつではありますが働く自信と体力をつけることができました。
職場体験では、実際の職場で職員の方と一緒に働く体験を通じて、今の自分の実力や課題を知ることができました。失敗しても落ち込まず切り替えができるようになったことや、「最初は緊張するもの。だんだん慣れるから大丈夫」と思えるようになったことなど、自分の成長に気付けたのもよかったです。
また、就職する直前に参加した「ホンキの就職」講座では、仕事選びのコツなどを学び就職活動を再開する勇気を持つことができました。

 

――サポステの印象は?
通い始めたころは不安でかなり緊張していましたが、サポステのスタッフは皆さん優しくてすぐに慣れることができました。また、スタッフと相談しながらも自分のペースで進めることができたところが良かったです。

 

――これから利用を考えている方へ一言お願いします!
働きたい!という気持ちが少しでもあるのであれば、ぜびサポステに相談してみてください。

 
%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%bf

「就活準備期間」を過ごす中でOさんは、自分にできること、自分の良いところを再発見して、自信を積み重ねていきました。そして、久しぶりに働く自分にとって無理のない条件を冷静に判断し、それに見合った仕事を選択したのです。

 

 

再就職に焦りを感じている方へ。「退職」と「再就職」の間に「就活準備期間」を持ちませんか?サポステのスタッフと一緒に、納得のいく再就職を目指しましょう。

 

ご利用は予約制です。まずはお電話ください。
☎042-444-7975(水・日・祝・第3月曜日を除く10時~18時)

 

ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/

ページトップへ