育て上げブログ

2016年08月04日

「就活が怖い」と思う方、「就職に失敗した」経験のある方「仲間のチカラ」を借りて、「就活への一歩」を踏み出してみませんか?

スライド1

 

「大学を中退してしまった。どうしよう…就活しないといけないのは分かっているけれど…」

「就職できたけれど、人間関係がうまくいかずに辞めてしまいました。
それ以来、人とコミュニケーションを取るのが怖く、就活する気持ちになれない…」

「面接は受けたけれど、なかなか内定を取る事が出来ずに自信がなくなり、
家に引きこもっていました。就活どうしたらよいでしょうか…」

このような事を、コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)
に来られる方からお聞きすることがあります。

そこで、コネクションズかわさき(若者サポートステーション)では、「コラージュ」
「ファーストワーク」「グループワーク」などのコミュニケーション講座から、仕事の
基本セミナー、就活基本セミナー、など様々な講座や労働体験があります。

 スタッフや講師が一方的に講義や指示をするのではなく、参加者同士が協力してワーク
に取り組んだり、仲間から自身の強みをフィードバックしてもらったり、双方のコミュ
ニケーションを取っていきます。最初は、うつむいていた方が、講座や労働体験に参加
され「仲間のチカラ」を借りることで、段々と前向きに明るくなり、積極的に活動する
ようになっていきます。

「仲間」から、講座の最中にアドバイスされたことを話して下さった方もいます。仲間
と関係性が築かれることで、その方にとっては耳が痛いことも受けいれて、改善してい
こうと話されていました。スタッフの私も改めて「仲間のチカラ」はすごいな…と感動
しました。

では、「コミュニケーション講座」や「就活セミナー」に参加された方の感想をご紹介します。

 

スライド2

 

いろいろな講座に参加して「仲間」と思える人に出会えて嬉しい。何か否定的なことを
言われるかと最初不安だったけれど、逆に励まされてとても楽しい。大学を中退後、孤
独に就活を頑張っていたけれど、仲間とコミュニケーションを取ることでチカラが与え
られました。

家に引きこもっている間「空白期間をどうしたら良いのか」と不安でしたが、就活セミ
ナーに参加して同じ経験を持つ「仲間」の意見を聞いて、悩んでいるのは自分だけでは
ないと安心しました。

自己理解セミナーに参加して、家族以外の人と自分のことを話す機会が与えられて、自
分の自己理解の浅さに気が付きました。履歴書と職務経歴書をもう一度見直して書き直
そうと思います。

グループワークに参加した時に、自分の夢を語る機会が与えられました。最初は照れ臭
かったけれど、言語化することで自分のやりたいことが見えてきたことと、仲間と自分
の思いを共有できてとても楽しかった。その時の「仲間」の1人とは今も友達で時々会い
ます。

 

そういった経験を重ねていくと、

「まずは、近場でアルバイトからでも始めてみようかな…」

「履歴書だけでも取りあえず書いてみようかな…」

「自分がどんな事に向いているのか、職場体験に参加してみようかな…」

 

就活を前向きに考えて、一歩踏み出すことができるようになっていきます。各講座は、
1時間~2時間でスタッフがファシリテーターや講師となります。労働体験の1回目はス
タッフが同行いたします。1回完結の講座もあれば、6回シリーズのグループワーク、
1日から1か月の職場体験もあります。日程、時間、場所、内容など、ご自身の希望や
状況をスタッフがお聞きし相談をした上で、どの講座や労働体験に参加していくかを
検討していきます。

講座や労働体験への参加を希望する方は、コネクションズかわさき(かわさき若者サ
ポートステーション)への登録が必要となります。ご興味がある方は、コネクション
ズかわさき(かわさき若者サポートステーション)へご連絡をお願い致します

ページトップへ