育て上げブログ

ちょうふ若者サポートステーションです。

 

「前職とは違う仕事をやりたい」
そんな声を相談に来られる方からたくさん聞きます。
でも、どんな業種・職種を選べばいいのか分からなかったり、
異業種・異職種での経験をどうアピールすればよいか分からず、
つまずいてしまうことが多いようです。

 

Tさんは、このようなことを具体的にしていくことに根気よく取組み、
未経験の仕事に就かれました。
サポステに来る前は、自分が何をしたいのか、何ができるのかもわからず
未経験の仕事に応募して自分をPRすることなど想像できなかったそうですが、
スタッフとの対話を繰り返すうちに
無理なく志望動機が書けるようになった、と振り返っています。

 

 

〔ちょうふサポステ・アンケート Tさん男性39歳〕

 

現在の仕事について教えてください

製造業です。仕事内容は電子機器の製造です。
プリント基板に部品をはんだづけしたり、機器を組み立てる等、
自分の手を使って製品を作る仕事です。

 

今の仕事のどのあたりが自分に合っていますか?

自分の手を使ってものをつくることが楽しいです。
自分が携わった製品が出来上がっていくのを見るのは達成感があります。
黙々と製造作業をすることも自分に合っていると思います。

 

就職活動を始めるまでにどのくらい時間がかかりましたか?

病気で前職を辞めて治療をしていたことから3年間かかりました。

 

サポステはどのように知りましたか?

調布市の市報に掲載されているのを見たのがきっかけです。
その後、ウェブサイトを見て詳細を知りました。

 

サポステ利用前はどんな状況でしたか?

体調も戻り、いざ就職活動をするとなった時に、
何をどうしたらいいのかさっぱりわからない状態でした。
自分が何をしたいのか、何ができるのかもわかりませんでしたし、
具体的な就職活動の方法もわかりませんでした。
また、長いブランクと年齢のこともあり、就職できるかどうか不安でした。

 

サポステを利用して良かったことは?

しっかりと話を聞いてもらえること、一緒に考えてもらえることです。
就職に関する不安や悩みを親身になって聞いてもらえ、
就職活動をする意欲が湧いてきました。
また、スタッフとの会話やアドバイスの中から、
これまで自分が仕事のどのような点に面白みややりがいを感じてやってきたのか
気づくことができました。
またこれまでの経験を振りかえり、働くうえでの価値観を確認する方法、
前職の経験を生かして未経験の仕事から応募候補を見つける方法など、
広く応募先を検討するために必要なプロセスを知ることができました。
サポステに相談に来る以前は、
未経験の仕事に応募し自分をPRすることは想像できませんでした。
やりがいは“ものづくりの始まりから終わりまでに関わり、貢献できること”
だと気づいてから求人検索の幅も広がり、
生産工程、研究開発、技術開発といったキーワードで絞り込むようになりました。
現在の会社は製品の開発から生産、アフターフォローまで自社でまかなっている点に
大きな魅力を感じ応募するきっかけになりました。

 

サポステの印象は?

どんな雰囲気の場所かわからず不安でしたが、
実際に行ってみるとスタッフの皆さんは親しみやすい雰囲気ですごく話しやすかったです。
就職活動を親身になって応援してくれる場所だと思います。

 

これから利用を考えている方へ一言お願いします!

私は就職について漠然とした不安がありましたが、
サポステで相談することで気持ちが大分楽になりました。
それが就職への第一歩だったと思います。
就職に関して不安や悩みを抱えているならば、
サポステで相談してみてはどうでしょうか。

 

 

未経験の業種・職種で就職するのは、簡単なことではありません。
でも、絶対に無理なわけでもありません。

 

採用担当者が選考の際に注目するポイントは、
その人の持ち味が業務にどう活かされるか。
丁寧に過去の経験を振り返り、自分と向き合って、
自分が力を発揮しやすい環境を考えたり、
どんなことにやりがいを感じるのかを再確認し、
応募書類や面接で伝えられるようサポートしています。

 

 

ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/

ページトップへ