育て上げブログ

運営する事業所

2015年05月23日

Mekakushi walk~瞳を隠した先に見えるもの~

 

ポップな曲調のタイトルですが

残念ながら新曲を発売するわけではありません。

 

タイトルにある「目かくしウォーク」とは

アイマスクをつけ、目をかくした状態で、

からだの様々な動きや感覚を体験することをいいます。

 

15052301

 

 

 

2人1組のペアをつくり、

1人の方がアイマスクをつけて歩く

もう1人の方がアイマスクをつけた方のサポートをします。

 

 

「こんなの簡単でしょ!」

「いつも通り歩けば良いんですよね?」と

意気込んでいたのも昔の話

 

ウォーミングアップをした後

まずは室内でまっすぐ歩く

次は階段を使って昇り降り

そして最後は、外に出ての目かくしウォーク。

 

15052302

 

 

15052303

 

いつの間にか

「前が見えない~」

「なんだこの感覚はっ!」と

日頃感じることが出来ない感覚を体験し

参加者の多くが驚いているリアクションを取っていました。

 

 

何気ない日常の動きも

目をかくす、文字通り目かくしウォークを体験することで

人間が多くの情報を視覚から得ているのかが分かります。

 

一般的に五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)の中でも

視覚から入る情報量が約80%を占めるようなので

それだけ視覚から入る情報量が、日常の動きを優位にしていることが分かる

そんな時間を過ごせたのかなと思います。

 

 

この体験を通して感じた部分、

一番目立つ部分は“目をかくして歩くことの大変さ”ですが

本当はサポート役の方が

その状態に対して“どう言葉を伝えていくのか”なのかもしれません。

 

「あっちだよあっち!」「そっちじゃないってば」と伝えても

目をかくした状態では、その指示した部分が見えません。

 

「あと3歩進んだら、右に曲がってね」と

自分自身が伝えたい情報を、受け手側が欲しい情報へ

できる限り具体的な言葉で伝えていく。

 

これが少しずつ出来てくると

またコミュニケーションの幅が広がるような気がしました。

 

 

 

 

 

「東プラな一言」

 目かくしも 驚き隠せず ワンダフル

 

15052304

夏に向けて新たに耕しています!乞うご期待!

 

よこはま東部ユースプラザ

http://sodateage.net/ypt/yokohama/

ページトップへ