育て上げブログ

運営する事業所

2015年03月03日

面接で「履歴書の空白期間」について聞かれたら

たちかわ若者サポートステーション(たちかわサポステ)です。

 

 

「前職を辞めてから、職歴の空白ができてしまった」

「なぜ働いていないのか、どう説明したらいいかわからない」

 

このような「働くことができていなかった期間」について聞かれたら、

お答えに悩んでしまう方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

就職面接では、「この期間(ブランク)は、何をしていたんですか?」

と聞かれることもありますし、それをうまく答えることができずに

マイナスの印象を与えてしまうこともあるかも知れませんね・・・

 

「嘘をつくわけにもいかない」「正直に話していいのかもわからない」

とても答えにくい、難しい質問だと思います。

 

 

 たちかわサポステの個別相談では、面接において避けては通れない

職歴や履歴書の『ブランク期間』の対策も、一緒に考えます。

 

私たちが相談で主にお伝えしていることを、少しご紹介します。

 

 

【嘘をつかないこと】

 

まず、面接では嘘をつかず、働くことができていなかった期間のことを

正直に答えていただくようにしています。

資格に向けて勉強していた、体調が悪くて療養していた、人それぞれの

きちんとした理由があります。虚偽ではなく、その間にあったことを伝え

「それを自分でどう受け止めているのか」

「その上でこれからどうしていきたいか」

について話していただくよう、アドバイスをさせていただきます。

 

 

【前向きな姿勢であること】

 

そういった時期を経て、

「自分は、今どうしているのか」という、今後の前向きな姿勢についても

話していただけるようにお伝えしています。 「前向き」と言うと、

少し難しく感じられるかもしれませんが、どうにかしたいという思いから

何か行動をしているなら、今のあなたは前向きです。

 

遠くからサポステに足を運んでくださったことも、

このブログを見つけて、読んでくださったことも。

 

 

 

たちかわサポステにお越しくださり、登録 ~ 相談くださった方には、

自信を持って求人に応募してもらいたいとスタッフは皆、思っています!

 

 

 ブログでは、たった2つのコツのご紹介でしたが、

たちかわサポステをご利用いただければ皆さんに合ったそれぞれの対策を

さらに深めることができますし、履歴書や、職務経歴書の添削なども

行うことができますよ。ぜひ、私たちまでお気軽にお問い合わせください!

 

 

 たちかわ若者サポートステーション

 http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/

 

 たちかわサポステ

ページトップへ