育て上げブログ

 

卓球 ゲーム 料理 アイドル

東プラでは今、空前のサークル活動ブーム到来中です。

 

 typ15_2_1

これらどのサークルもはじまり方は似ていて、

最初は気の合う仲間同士の集まりからはじまり、

『自分も好きだから』と次第に参加の輪が広がっていき、

さらにその様子を見て、興味があまりなかった方にも楽しさが伝播して、

気がつけばサークル活動になっている感じです。

 

東プラのスタッフが行うプログラムや講座ではその枠がある以上、

どこか『やってもらっている感/やらされている感』がぬぐえず、

ある種のゴールが設定されているものなので、

一定のクオリティは担保できても、

あらかじめ設定されたゴールを超えることは決してありません。

 

それがサークル活動ではスタッフが入らない分、

段取りや時間、手間がかかってしまいがちですが、

『好き/やりたい』という想いのもとに集まっているので、

その想いの強さがプログラムのクオリティを、

軽々と越えていく瞬間が何回も起こります。

 

typ15_2_5

 

例えば、クッキングのプログラムでは、

大人数であることに加え、時間の制限があります。

それによって、参加者の皆さんがグループに分かれて、

違うことを並行しておこなうため、

包丁の扱いが上手い方と、

料理経験が少なく、自分にできることをなかなか見つけられない方が、

それぞれが同じ脇役のひとりになってしまいがちです。

 

ところがクッキングサークルでは少人数のため、

お互いが今何をやっているかが目に入りますし、

誰がやってくれるのを待っていては何も進まず、

自分がやらなきゃはじまりません。

 

だから、得意な方の手元を見て、

「教えて、おしえてー」「それはね~」と

コツを聞いたりする場面が多く見られます。

自分な好きなことや得意なことで、

人に頼られるのは何よりも嬉しいことですし、

 あまり料理が得意でない方も、

少人数だからこそ、

できるようになった自分と、

自分がやった成果がわかりやすく、

自信につながっているように思います。

 

じつは卓球サークルでもこんなミラクルがありました。

今までラケットを触ったことすらなかった利用者の方が、

副部長という大任を引き受けて以来、

そのポジションにふさわしくなろうと練習を重ねた結果、

3ヶ月後には東プラ指折りの実力者になって、

今では新しい参加者や利用者の方に、

手ほどきをしています。

 

typ15_2_3

 

 「あれやりたいな」「こんなことしてみたいな」

と、思うことがよくありますよね。

一人で出来てしまうことは多くありますが、

「ひとりでは出来ないこと」も多くあります。

そのときにどうしても必要なのが、

自分以外の“だれか”だと思います。

そんな”だれか”が、この居場所にはいます。

好きなものをやること、興味があったらはじめられる場が、

このサークル活動なのかもしれません。

 

今後も春の息吹とともに、

サークル活動はどんどん活発になっていきそうです。

 

typ15_2_4

 

 

「東プラな一言」

花粉症 遅れてきました トナカイさん

(※花粉症で鼻が真っ赤だということです)

 

 

よこはま東部ユースプラザ

http://sodateage.net/ypt/yokohama/

ページトップへ