育て上げブログ

運営する事業所

2014年12月20日

まもなく、間もなく、マモナク

 

部屋にはコタツとストーブが出て、

からだもこころもポカポカ暖かい。

 

夕方はもう真っ暗で、

ところかしこでイルミネーションの光。

 

12月のこの時期は、「一年の終わり」ムードが半端ない。

この一年の総まとめ的な感じで、

流行語大賞とか、流行ったものとかさ、

「あー、あった、あった。でもこれって今年の話?」

って、いつも驚くんだよね。

 

まぁ、そんなことは一旦忘れてと・・・

 

寒さにかこつけて、布団から出るのも一苦労。

結局二度寝しちゃって、

昼過ぎになってようやく、重い腰を上げて動くわけ。

さーて、今日もそろそろ行こうかな。

 

チリンチリーン

 

東プラ玄関のドアの呼び鈴が鳴ると、

「○○さん、こんにちは。」

「こんにちはー!」

スタッフの声がやまびこになって返ってくる。

 

「寒かったでしょ?上はあったかいよぉ」

玄関がある1階から2階までの階段の道のりも、

外と同じく寒いのはここだけの話・・・。

 

ガラガラガラ

 

フリースペースのドアを開ける。

(こんにちは)

「お!○○さん!」

「こんにちはー」

「おー」「やっほ」

こっちののやまびこは数が多い、

いち、に、さん・・・プログラムもあったし今日は結構いるな。

 

ドスンッ

 

ソファーにからだを預けて、

かばんから本を取り出すと、

ゆっくりページをめくっていく。

 

カコンッ カコンッ

 

「あーーー!」「マジかよ」「よっしゃ」

卓球をやっている。

なかなか白熱しているらしく、窓を開けて半袖姿の人も。

 

カタカタ カチカチ

 

隣ではパソコンをいじっている。

タイピングゲームをやったり、動画を観てて笑ってたり。

 

ウーン ウーン

 

遠くから悩ましい声が聞こえてくる。

「あとこの1ピースだけなんだけどな」

「集中力つづかないわ~」

「・・・(もくもくと作業)」

パズルをやっている。

1000ピースだってさ、すごいね。

 

トントントン

 

「なにを読んでるんですか?」

肩を叩いて、スタッフが話をかけてきた。

どうやら、好きなジャンルが似ているようで

どんどん話が盛り上がっていく。

「へぇ、そうなんですね!」

「今後その本、読んでみますね~」

そういえば自分の趣味の話とか、好きなものとか、

誰かに伝えたことなかったかも。

 

「さぁ、きりの良いところで今日も終わりにしよっか」

17時。

帰る時間だ。

玄関では皆それぞれが、

今日あったあんなことやこんなことを、また話し出してしまう。

 

「お疲れさまでした」

 

ドアを開けると、外はさらに寒い。

「あ、これアカンやつだ」と、薄着のひと、

「まだ時間あるんだよな」と、バスの時間を待つひと。

 

今年も終わって、また季節は変わるけど、

人と一緒にいる安心感て、こういうことなんだろうな。

 

いつか読んだあの小説、

最後のページに書いてあったこの言葉が、

何となく頭をよぎった。

 

東プラな一言
 

「一年の 終わりにあるよ 大晦日  

       必ずしよう トイレ掃除 in my house!」

 

typ12_1

クリスマスパーティに向けて、皆で作ったキャンドル

 

typ12-2

と、そのリハーサルの様子

 

 

この物語は、利用者とスタッフの話を基に構成された、

東プラの何の変哲もない、いつもの1日の様子です。

ぜひ、東プラの雰囲気を味わっていただければと思います。

 

 

よこはま東部ユースプラザ

http://sodateage.net/ypt/yokohama/

ページトップへ