育て上げブログ

2014年12月23日

緩やかな繋がりで「働き続ける」を応援します!

Q.「働きながら通えるジョブトレは、あなたにとってどんな場所ですか?」

 

A. ジョブトレ生からのコメント

 

 「ジョブトレは息抜きもできて、現役生のときとはちがう視点でトレーニングができる場です」

 

 「たまに手伝いをしたり、スタッフや仲間と色々な話ができることでリフレッシュになります」

 

 「困ったときに相談できる場所があって外に出ていくのと、そうでないとでは全然ちがうと思う」

 

------------------------------------------------------------------------  

 

育て上げネットの ジョブトレ には、

働きながら、お仕事の休日を利用して来所しているジョブトレ生もいるんです。

 

ASA

 

働くことは、「ハタ(傍)をラクにする」と言いますが、

働き続けるためには、自分がラクになれることも、とても大切。

「ラクになれる」とは、

「一人で抱え込まない」「適度な息抜きが出来る」ということです。

 

家で一人だと安心してゆっくり休める人もいます。

「家と職場の往復だけでは息抜きが出来ない」

「休むと元に戻ってしまうのが不安…」という人もいます。

仕事以外の何かをすることで、リフレッシュできる人もいます。

 

「緩やかな繋がりを持ち続けたい」

「休日も何か仕事以外の場所で活動していたい」

「休日に会える、仲間が欲しい」

と願うことは、少しも不思議なことではありません。

 

バナナ

 

そんな、仕事をしながら通っているジョブトレ生たちは、

「これからも仕事を続けていけそう」

と思えるようになるまで、

休日に来所していろいろな報告をしてくれたり、プログラムの現場に入って

あらためて自分の仕事の仕方を見直したりして、ジョブトレを活用しています。

また、毎月みんなで準備する飲み会や、季節のイベントなど、

ジョブトレで開催する様々なイベントに参加したりもします。

 

打ち上げ

 

ジョブトレ生は、フルタイムの長期就労が継続できると、“卒業”することになります。

ジョブトレには、卒業生のためのウィーク・タイズ・プログラムもあります。

 

このプログラムに登録している卒業生は、

卒業後もイベントに参加をして仲間との繋がりを継続することもできますし、

仕事で困った時、転職をしたい時、アルバイトから正社員にステップアップをしたい時、

いろいろな悩みを相談に来てくれます。

 

 

育て上げネットは皆さんの「働き続ける」を応援し、

 「緩やかな繋がり(ウィーク・タイズ)」を大切にしています!

相談中

 

 

若年者就労基礎訓練プログラム・ジョブトレ

http://www.sodateage.net/service/jobtra/#start

ページトップへ