かわぐち若者サポートステーション

2014年12月4日

仕事に役立つ!『相手に伝えるコツ』を学ぼう

「何をどう伝えたらいいのか思いつかない」

「自分の考えがまとまらない」

「自己PR・志望動機を書くのが苦手」

 

かわぐちサポステの利用者さんから、そういった声を聞きます。

また、就活を始めて面接に行った方からは、

 

「話す途中で伝えたいことから離れてしまった」

「伝えたいことが相手に伝わらなかった気がする」

「つい説明が長くなってしまう」

 

といった相談をお受けすることも。

 

 

誰かに自分の考えや思いをきちんと伝えるのは、難しいですよね。

そんな悩みにお応えするべく、“特別企画!「伝える」セミナー”を開催しました!

 

 この講座のポイントは、 

 

 ①自分が伝えたいことをきちんと整理すること

 ②相手のことを考えながら、伝えたいことを工夫すること

  

のふたつです。

 

 

考えがまとまらない、思いつかない、をなくすために、

自分の思ったことの「地図」を作りました。

お題は、「カレー」と「ラーメン」。

 

たくさんの付箋に書かれた連想が出たなか、

 ラーメンのそばに、「ギョウザとチャーハン付きで」。

(…注文になってますよ)

 たくさんの連想に、それぞれの方の個性を感じました。

 

各グループで作業をした成果が下の画像です。

 

 

   

上の「地図」をもとに、「なぜなら文型」というテクニックを駆使して

伝えたいことの説得力をアップさせます!

  

“思考の顕在化と図式化”、

“文章の構成”なんていうと難しく感じてしまいますが、

簡単なコツを知ってしまえば、こっちのもの。

 

話の途中で伝えたいことが迷子になることもなく、

説明が長くなることもありません。

 

20141129tsutaeru_kawaguchi2 

  

次回、「伝える」セミナー2回目は、

「相手のことを考え工夫をこらす」をテーマに伝える力をさらにパワーアップ。

 

 

かわぐちサポステでは、「特別企画!」と題して、各種講座を開催しています。

 

好評のため、ご予約はお早めにどうぞ!

 

 ご参加には利用登録が必要です

 登録済みの方は、スタッフまで参加希望の旨お伝えください

 

 

かわぐち若者サポートステーション

http://www.sodateage.net/yss/kawaguchi/
若者自立支援センター埼玉
http://www.yisc-saitama.com/ 

かわぐちサポステは、県事業の若者自立支援センター埼玉に併設されているため

お電話をいただいた際は「若者自立支援センター埼玉です」とお返事しています

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
/voice/4/">/img/voice/img-uservoice-04.png">/voice/4/">PCが使えると選択の幅が広がる。無料で初心者OKの講座に感謝。Y・Mさん 女性 25歳高校卒業後、食品加工の会社に勤めるも、体力が続かず半年で退職。その後はアルバイトをしていた。事務系の仕事を希望し、PC講座を目的にサポステに来所。/voice/4/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/1/">/img/voice/img-uservoice-01.png">/voice/1/">一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。/voice/1/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">
/voice/3/">/img/voice/img-uservoice-03.png">/voice/3/">高校を中退してしまうと「働く」情報が手に入りにくい。S・Gさん 男性 21歳高校中退以来、コンビニや飲食店でのアルバイトをするが長続きしなかった。はじめてのハローワークでサポステのことを知る。現在は定時制高校に通いながら、アルバイト中。/voice/3/">/img/top/img-btn-article.gif" alt="詳しくはこちら">