ちょうふ若者サポートステーション

2016年11月29日

働くために性格を変える必要ありますか?

ちょうふサポステを利用される方はさまざまな悩みを抱えていらっしゃいます。
今回のブログでは、2つの悩みを取り上げていきます。

 

1つ目は「他人と関わるのが苦手だから働けない」などの対人関係に関する悩みです。

 

このように悩む方々の胸の内には、「働かなきゃいけないのは分かっている。
でも、こんなに引っ込み思案な自分では働けない。」という気持ちがあるそうです。
そんな気持ちになるのは、「なんとか社交的な性格になろう」ともがいているからなのでしょう。

 

そのような方にお話を聞いていくと、過去に学校でなじめなかった経験や
面接で上手く話せなかった経験などをされて
「自分はコミュニケーションが苦手な性格なのだ」と思うようになったきっかけがあるようです。

 

でも、本当に社交的な性格に変わらなければ、働くことは出来ないのでしょうか?

 

確かに、面接に合格するためには挨拶が出来たり、面接官に聞こえる声で話せたりする必要があります。
しかし、必ずしも流ちょうに話す必要はありません。
もしかすると、企業から求められるレベルを高くイメージしすぎるあまり、
自分との間にどうしようもない差を感じてしまっているだけかもしれません。

 

2つ目は、「やる気がないから働けない」などのモチベーションに関する悩みです。

 

こう悩む方々の中には、「やらなきゃとはわかっているのに就職活動に取り組めないのは、
結局やる気がない性格が原因なのだと思います。」と自分にがっかりしたように話す方がいます。

 

そのような方は、「何も悩まず、すぐに行動できるような性格に変わりたい」のに、
どうすれば変われるのかわからず、途方に暮れているのかもしれません。

 

でも、本当にやる気にあふれた性格に変わらなければ、働けないのでしょうか?

 

確かに、履歴書を準備できなかったり、求人への応募が
出来なかったりすれば、企業に採用されるのは難しいでしょう。

 

でも、もしかすると、就職活動に取り組めないのはやる気が足りないのではなく、
知識や情報が足りないために何から手をつければいいのかわからないためかもしれません。
もしくは、就職活動に取り組もうと思えるだけの自信がないのかもしれません。

 

自らの性格を変えようとすると難しく感じてしまい、途方にくれてしまいがちです。
でも、社交的な性格ややる気にあふれた性格に変えなくても就職活動を突破する方法はあります。

 

ちょうふサポステで、その方法を一緒に考えてみませんか?
ご連絡をお待ちしております。

 

☎042-444-7975(水・日・祝・第3月曜日を除く10時~18時)
ちょうふ若者サポートステーション
http://www.sodateage.net/yss/chofu/
DSC_0718

はじめてご利用の方へ 無料パソコン講座
利用者の声
一浪後に大学受験を断念。
就職したい。けれど自信がない。
M・Hさん 男性 28歳 高校卒業後、浪人生活を経て、大学受験を断念。ハローワークからの紹介でサポステへ。サポステに8ヵ月通ったあと、契約社員として働き、現在1年半が経過中。 詳しくはこちら
履歴書に空白のある私は就職できないと思い込んでいた。 K・Nさん 女性 24歳 短大卒業後、3年間ほど、家からほとんど出ない毎日を送る。就活したくても「履歴書のブランク」が気になるため、インターネットで調べてサポステへ。来所から半年経過。 詳しくはこちら
高校を中退してしまうと「働く」情報が手に入りにくい。 S・Gさん 男性 21歳 高校中退以来、コンビニや飲食店でのアルバイトをするが長続きしなかった。はじめてのハローワークでサポステのことを知る。現在は定時制高校に通いながら、アルバイト中。 詳しくはこちら
PCが使えると選択の幅が広がる。無料で初心者OKの講座に感謝。 Y・Mさん 女性 25歳 高校卒業後、食品加工の会社に勤めるも、体力が続かず半年で退職。その後はアルバイトをしていた。事務系の仕事を希望し、PC講座を目的にサポステに来所。 詳しくはこちら
再就職したいけれど、前職でのつらさからなかなか一歩が踏み出せなかった。 K・Aさん 女性 25歳 大学卒業後、建設会社の事務職として働くも1年で退社。職場での人間関係や働くことに自信がなくなり、自宅で家事手伝い。「自分に向いている仕事が知りたい」と来所。 詳しくはこちら