よこはま東部ユースプラザ

2016年12月09日

イベント報告 猫カフェin東プラ

こんにちは!

去る10/8に東プラの居場所スペースに猫を招いてワークショップ(ネコカフェ)を行いました。

一昨年寺尾地区センター さんとのコラボレーション企画で「ドッグラン」を開催した時、犬との関わりを通してメンバーさん(東プラの居場所利用者)の笑顔が増えていくのをヒントに…

念入りに準備すること丸一年(笑)

 

時間をかけてまでネコカフェを開催したかったのは、猫から人間が学ぶことがあるのではないかと考えていたからです。

猫は言葉をしゃべりませんが、鳴くこと でさまざまな 感情を表しています。

しっぽの動きだけでも今どんな心地でいるのか?人間にどのようなメッセージを発信しているのかを感じることができるので、メンバーさんにもそのような機会を持ってほしいと考えていました。

 

当日はあいにくの雨にも関わらず居場所には20名近くのメンバーさんが遊びに来てくれました。

メンバーさんと触れ合ったネコちゃんは「銀次くん」(オス・5歳・スコティッシュフォールド)

とてもおとなしい垂れた耳がチャームポイントの白と茶色が混じったネコちゃんです。

 %e3%81%ad%e3%81%93%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

みんなで銀次くんを囲んで になり、飼い主の方から銀次くんとの出会い、特徴、一日の生活などの説明を受けて猫の生活に関する三択クイズに挑戦しました。日頃は猫と触れ合う機会が少ないこともあり、銀次くんを見ながら悪戦苦闘するメンバーさんの光景もありました。

%e3%81%ad%e3%81%93%e5%86%99%e7%9c%9f2 

後半は銀次くんをだっこしてチェキで記念撮影。初めて猫を抱いたという人も多くいましたが、銀次くんとステキな時間を過ごせました。

そして講座の時間はあっという間に過ぎていきました。

 

皆さんからいただいた感想には

 ・抱いてみると見た目以上に体がやわらかかった

 ・だっこしたら軽くて気持ちよかった

 ・動物を扱う難しさを目の前にして痛感した

 

 などと、猫と触れ合う中で感じた生の声が聞かれました。

 

私たちは人からだけでなく動物からも多くのエネルギーをもらっているのだということ、また人間にも動物にも住みよい「共生社会」を目指していかなければいけないというメッセージを今回のネコカフェで銀次くんから学んだような気がします!!

 

参加してくれた銀次くん、メンバーさん、本当にありがとうございました!!