よこはま東部ユースプラザ

2016年12月9日

イベント報告 猫カフェin東プラ

こんにちは!

去る10/8に東プラの居場所スペースに猫を招いてワークショップ(ネコカフェ)を行いました。

一昨年寺尾地区センター さんとのコラボレーション企画で「ドッグラン」を開催した時、犬との関わりを通してメンバーさん(東プラの居場所利用者)の笑顔が増えていくのをヒントに…

念入りに準備すること丸一年(笑)

 

時間をかけてまでネコカフェを開催したかったのは、猫から人間が学ぶことがあるのではないかと考えていたからです。

猫は言葉をしゃべりませんが、鳴くこと でさまざまな 感情を表しています。

しっぽの動きだけでも今どんな心地でいるのか?人間にどのようなメッセージを発信しているのかを感じることができるので、メンバーさんにもそのような機会を持ってほしいと考えていました。

 

当日はあいにくの雨にも関わらず居場所には20名近くのメンバーさんが遊びに来てくれました。

メンバーさんと触れ合ったネコちゃんは「銀次くん」(オス・5歳・スコティッシュフォールド)

とてもおとなしい垂れた耳がチャームポイントの白と茶色が混じったネコちゃんです。

 %e3%81%ad%e3%81%93%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

みんなで銀次くんを囲んで になり、飼い主の方から銀次くんとの出会い、特徴、一日の生活などの説明を受けて猫の生活に関する三択クイズに挑戦しました。日頃は猫と触れ合う機会が少ないこともあり、銀次くんを見ながら悪戦苦闘するメンバーさんの光景もありました。

%e3%81%ad%e3%81%93%e5%86%99%e7%9c%9f2 

後半は銀次くんをだっこしてチェキで記念撮影。初めて猫を抱いたという人も多くいましたが、銀次くんとステキな時間を過ごせました。

そして講座の時間はあっという間に過ぎていきました。

 

皆さんからいただいた感想には

 ・抱いてみると見た目以上に体がやわらかかった

 ・だっこしたら軽くて気持ちよかった

 ・動物を扱う難しさを目の前にして痛感した

 

 などと、猫と触れ合う中で感じた生の声が聞かれました。

 

私たちは人からだけでなく動物からも多くのエネルギーをもらっているのだということ、また人間にも動物にも住みよい「共生社会」を目指していかなければいけないというメッセージを今回のネコカフェで銀次くんから学んだような気がします!!

 

参加してくれた銀次くん、メンバーさん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

2016年4月23日

東プラにようこそ!

こんにちは!スタッフFです。

花粉症の季節もようやっと過ぎて、新緑の気持ちのよい季節になってきましたね!

 

さて、皆さんは「よこはま東部ユースプラザ」ってどんなところかご存知ですか?

「どんなところなの?何ができるところなの?」という方も多いのでは?

 

「東部ユースプラザ」(通称:東プラ)は、鶴見駅(JR)・京急鶴見駅(京浜急行)から

徒歩で10分程のところにあります。

 

ここでは、16歳から39歳の方が自由に利用することができる居場所(フリースペース)を開設しています。

利用できるのは、月・火・木・金・土の11時~17時。

落ちついて自分の好きなことをする場所がほしい、誰かと話がしたい、ゲームや雑談を通して仲間と交流したい、

自分の将来について少し考えたり相談をしたい、そんな時に気軽に来ていただき自由に利用することができる空間です。

 

季節のイベントやスポーツプログラム、アートや音楽のプログラムなど、楽しめるプログラムを毎月たくさん開催しています。

また、はじめの一歩を踏み出すきっかけにしてもらえるよう、自己理解のための講座やコミュニケーションワーク、

就労体験の講座なども多数ご用意しています。

 

東プラのスタッフは総勢9名、それぞれ個性豊かでバラエティーに富んだスタッフが勢ぞろいして皆さんをお待ちしています(笑)。

みなさん、気軽に見学しに来て、自分に合うかどうかを試してみてくださいね。スタッフ一同、皆さんのご来館をお待ちしています!

 

 

今月の東プラな一言 :

『「百聞は一見にしかず」で、さっきの不安もどこへやら☆』

 

サムネイル制作テンプレ

 

2015年12月28日

2015年も楽しめたかな?

 

 

外はイルミネーション、クリスマスソングが聞こえてくる

そんな季節がやってきましたね。

1年を締めくくる大きなイベントとして

東プラでは12月19日(土)に『クリスマス&お疲れさま会』を行いました。

 

 

当日を迎えるまでに2回、利用者同士がグループワークで話し合い

料理やゲームなどの内容を決めていきました。

イベントの企画をみんなで話し合う習慣をつけてきたので

自然とみんなが話し合うようになっていました。

 

15122801

 

15122802

 

 

買い出しも無事に済み、いざ当日!

集合時間よりも早く到着という気合の入れよう!

料理グループを「からあげ」「ピザ」「おにぎり」「ケーキ」の4つに分けて

Let’s cooking!

 

15122803

 

15122804

 

 

「最初にこっちの肉から揚げていこう」

「お皿をもうちょっと用意しておいた方が良いんじゃない?」

「あ~手が疲れた~」

 

一人ひとりが奮闘をしているシーンが目に浮かんできますね。

各グループにリーダーが一人、また日頃から料理をしている方も多く

大人数ではありましたが、テキパキと行うことが出来ました。

 

そして、無事に料理も完成!

 

15122805

 

15122806

 

15122807

 

みんなで「いただきます」をした後は

世間話をしながらビンゴ大会、そしてイントロクイズを行いました!

いっぱい食べたおかげか、元気いっぱい、ゲームを楽しんでいました。

 

一段落をしたのち、1年の振り返りということで

参加をした利用者の方たちから一言ずついただきました。

 

「この1年間、季節ごとのイベントを楽しめて良かったです!」

「自分的には、前に進むことが出来たかなと」

「来年は少しずつ来所の回数を増やしたいです」

 

以前、季節ごとのイベントを行う意図を

このブログでお伝えしたことがあります。

イベントを行う意図は同じでも

年々新しい利用者の方が増えると、同じ季節のイベントでも

中身が少しずつ変わっていくのだと

肌で感じました。

 

自然と誰かがグループの先頭で、裏方として動いていたり

一人ひとりが役割を持って動けているような、そんな風に写りました。

日頃の居場所での時間の過ごし方や、利用者同士の関わりが

とても密接になってきたのかなと思います。

“この空間(居場所)に自分自身の『役割』がある”と思えることが

もしかしたら、居心地の良さや日々の生きがい

自分自身の存在意義につながるのかもしれませんね。

 

 

15122808

 

 

「東プラな一言」

 今年もやるよ! 大掃除 気持ちさっぱり ウッキッキー!

 

じゃがいも、いつ収穫できるかな~

 

15122809

 

よこはま東部ユースプラザ

http://sodateage.net/ypt/yokohama/